異世界ファンタジ

GA文庫新作「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年6月15日にGA文庫から発売された「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」を紹介します。

「めっちゃ可愛い娘が表紙におる...」

そんな欲望のみで買ったこちらの作品。

(ジャケ買いも重要ですよね 笑)

タイトルも、ほのぼの日常ラブコメの異世界版っぽい感じで、何とも気になる所です。

現実世界なら、きっと「ボッチの俺に堕とされる学園の天使様(の憂鬱)という風なタイトルになっていたことでしょう(略して、『おとてん』まで考えた)

という無駄話は置いといて... 笑

さっそく紹介していきましょう!!

どんな話??

短くいえば、こんなあらすじ...

かつて、神々による覇権争いがあって現在。
覇権を手にした神の信徒である教団は世界最大の組織となり...
それ以外の神は、教団のために力を使う奴隷、もしくは大半の力を失ってしまっていた。
そんな時代に主人公は、巡回祈師として旅をしていた。
そして、傍らにはかつて天使であった少女が一人。
しかし、主人公は普通の祈師とは全く異なり...
・隷従させるべき神(天使)を愛でている
・酒場で酔っぱらいと大乱闘してしまう
などなど、規格外!
そんな彼に、甘やかされるツンデレの天使様。
そして、彼らの元にやってくる新たなる依頼...
二人の日々から目が離せない!

総評

今回は「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」を紹介しました。

読んだ感想としては、一巻段階では『ほのぼぼ(=甘やかし)』と『戦闘』の二つがそこそこ描かれており、どっち付かずな印象でした。

(むしろ『戦闘』の比重のほうが大きかった)

まず、『ほのぼの』に関してですが...

タイトルの割に少なく感じました。

さりげない『頭ナデナデ』or『添い寝』的なことはあるのですが、詳しい描写はなく、一文ぐらいで、すぐ場面転換...

タイトル的に、もうちょっと欲しいなと思いました。(期待もしていたので)

また、個人的に特に「え?」と感じたシーンもあり...

泊まるために男女で別れて部屋を取った時に、主人公以外の男性からベッドが無いので、女の方で寝ろと言われるシーンがあります。

その直前の描写では、ヒロインが主人公と別れての夜が寂しいという描写(といっても1ページほど)がありました。

てっきり、主人公がヒロインの部屋を訪れてからのデレが見れるのかな、と嬉々としていたのですが、その描写は全く無く...

加えて朝のアレコレも無く、次の日でした。

正直、直前のヒロインの描写があっただけに、かなり拍子抜けしてしまい、「ここでやらなきゃいつやるの!」と感じてしまいました。

次に『戦闘』に関してですが...

こっちのほうが比重が大きめでした。

ただ、設定の詳細(魔法とか神の力)が特に書かれていないので、置いてきぼりでした。

単純にアクション描写を想像するだけのような感じです。

後、これは完全に個人的な話なのですが...

ラノベのアクション描写って、想像出来ますか?(唐突)

『宙を蹴った』『体を捻って』『振り返り様の刃一線』

私の想像力不足かもしれませんが、正直全く絵が思い浮かばないんですよね 笑

なので、今作に関しても正直よく分からないまま勝ってたというのが、強かったです。

また、作品自体の設定に関しても、正直分かりにくかったです。

『神格奴隷』『加護』『魔物・魔神・魔王・天使』などなど

序盤からいきなり出てくる単語もあるのですが、説明が簡単すぎて分かりにくい印象でした。(真面目に読んでなんとなく分かる程度)

という感じで、個人的に微妙だったことばかりを挙げてきましたが、良かった点もあります。

それは...

『イラスト』

です。

序盤にも言いましたが、ジャケ買いするぐらいにはキャラ達が可愛い&カッコよく...

挿絵も全く手抜き感が無く、かなり良かったです。

良かった所は、それぐらいですかね... 笑

次にこの作品を読むのに掛かった時間ですが、”二時間半”でした。

300ページいかないぐらいだったのですが、設定の理解で時間を使いました。

最後にこの作品が売れそうかですが...

次巻は出ると思います。

ただ次巻以降で、この作品の設定の真相が分かるようなことあれば、わかりませんが...

このままだと謎の部分が多すぎて、主人公達の目的が薄いです。

(黒幕はいるのですが)

現状だと、三〜五巻あたりで終わりそうな気がしています。

ということで、今回は「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」を紹介しました。

私は結構評価厳しめですが、他のレビュアーさんも参考にしたほうが良いと思います。

あくまで、私には合わなかっただけなので...

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)