異世界ファンタジ

愛が不可能を可能にする!?LINE文庫エッジ新作「勇者の君ともう一度ここから。」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2019年9月5日にLINE文庫エッジから発売された「勇者の君ともう一度ここから。」を紹介します。

新レーベルも2ヶ月目となり、今回の作品は…

『2019年一番泣けるファンタジー!!』

らしいです。

作品帯にて、様々なコメントが書かれており、非常に期待できる作品となっています。

私個人の感想は….後に言います 笑

それではさっそく紹介していきます!!

どんな話??

短く言えばこんなあらすじ…

『勇者の犠牲と引き換えにが狂神は倒された』
その知らせは、農村で過ごす主人公の元にも届いていた。
彼には利き腕がなく、村では厄介者扱いの日々。
そんなある日、主人公のもとに騎士団が訪れ…
「剣神ジャン=ブレイディアよ。私と共に来てくれ」
夢を失った主人公は彼女達に着いていき、そこで目にしたのは、
心を失い、かつての見る影もない勇者だった…

詳しいあらすじ

『勇者の尊い犠牲と引き換えに狂神が打ち倒された』

その知らせは主人公”ジャン=ブレイディア”の住む辺鄙な村にまで届いていた。

彼は現在とある理由から利き腕が無く、村では厄介者扱い、生きながら死んでいるような生活を送っていた。

そんなある日、ジャンが農作業から帰ると家の前に騎士が立っていた。

不審に思いつつ、その騎士と話してみると….

「剣神ジャン=ブレイディアよ。私と共に来てくれ」

そう。彼はかつて勇者と共に狂神を倒す旅に出て、その途中で利き腕を切り落とされてしまっていた。

その結果、勇者から逃げだし、現在は生まれた村に帰って厄介者扱いになっているわけだ。

ジャンは騎士たちに自分の現在の境遇と落ちぶれ方を語り、追い返そうとすると…

「勇者”セラフィルナ”は存命している。彼女を救うために、君の力を貸して欲しい」

衝撃の事実を語られた。

曰く、勇者セラフィルナは存命しているが、危険な状態にある

曰く、狂神を倒すために三種の魔神器を付けた彼女は、呪いに侵され、彼女の死によって大陸中に呪いが拡散しそうになっている

曰く、彼女に近づくためには同様に魔神器を付ける必要があるが、発狂するほどの痛みを伴う

ジャンは彼女を見捨てた過去・後悔、そして、彼女に言いたかった想い(恋心)のために、騎士たちの依頼を受けることに!!

さっそくジャン達は魔神器を装備するための術式に移る。

彼の装備する魔神器は『ヴルムの真腕』。彼の失った利き腕と同じ右腕の小手だった。

術式は三日三晩続き…

「術式は成功だ」

ジャンの失ったはずの感覚が取り戻っていた。

そして、成功して安堵も束の間、ジャンはセラ(セラフィルナ)に会うために、彼女の住む城都に急ぐ。

ーーー城都到着ーーー

案内されたのは城の地下深く。

近づくにつれてセラの魔神器の効果で、途轍もない息苦しさの黒いモヤがジャンを襲うが、

魔神器の効果でモヤを打ち消しながら進むジャン。

そこから途方もなく歩いたところで、歌が聴こえ始める。

それは無感情で、音程もテンポもバラバラ。

ジャンは別れた騎士から…

『忘れるな。地獄はこれからだぞ』

という言葉を掛けられたことを思い出したが、その歌のもとに向かう。

すると、そこには…

太陽光が差し込み、庭園のように美しい景色。中心には…

「セラ!」

心が壊れた少女が調子外れの歌を歌っていた。

ジャンは彼女に駆け寄り、自分の想いを伝え続ける。

「俺は、お前が、好きだ。」

「愛している、セラ。」

「俺は!お前を!世界の誰よりも愛しているって!」

すると、ジャンの右腕『ヴルムの真腕』から強烈な光が走り…

「ジャン」

「嬉しい」

奇跡を起こす。

そして、意識を取り戻したセラにジャンは…

「結婚しよう」

ーーーちょっと経過ーーー

セラはジャンと再会し、気絶するように意識を失った。

しかし、今眠っている彼女の寝息は穏やかである。

ジャンは彼女の周辺状況(住んでいる場所・メイド)などを確認しつつ、常にセラのために動いていた。

あの日、意識を取り戻したセラは眠り続けており、ほんのたまに目を覚まし、ジャンと話す程度だった。

そのことを騎士たちに聞くと、どうやらセラの魔神器が体内で暴走し続けており、それは寿命や意識を代償としているらしい。

しかし、明確な解決策は思いつかない…

そんな日々を送っていたある日、

珍しく起きているセラにジャンが話しかけていると…

「セラ!」

彼女が咳き込み、その口からは黒艶が湧き出す。

その黒煙はこの地下に来る途中にあった黒いモヤと同一のもの。

そして、時間の経過と共に、とうとう地上にまで黒いモヤが到達してしまう…

果たして、ジャンはセラの呪いを解くことができるのか!?

セラへの想いを届けること事ができるのか!?

呪いを浴びた少女と彼女を見捨てた青年。

未来を信じ、共に手を取って、歩いていく。

ーー勇者の君ともう一度ここから。

総評

今回は「勇者の君ともう一度ここから。」を紹介しました。

読んだ感想としては、終盤で失速感を感じたのと、特に感動は無かったかなと感じました。

というのも、中盤でほぼ峠を越した感がありました。

ヒロインは3種の魔神器で体を蝕まれているという設定だったのですが…

1つ目の魔神器を解決?したら、容態が安定し始めました。

なので、中盤からヒロインに対する不安感(容態が悪化するなど)がほぼ無くなりました。

それでも、クライマックスというものはあるので…

「まぁ山場は二択かな〜」と思ったところ、案の定そのうちの一つが1巻のクライマックスだったため、予想通りだったという感じでした。

(誰かが裏切るか、残ってる魔神器が暴走)

また、解決が早すぎるとも感じました。

『地獄はこれからだぞ』という割に、全然地獄感が無かったとか…

主人公がチートなため、すぐに解決してしまうとか…

なんというか、もっと溜めの期間があっても良かったのかなと思いました。

正直最近では、墜ちるところまで墜ちる作品も多いので、それらを思い浮かべると地獄が温いなと感じてしまいました。

個人的には…

彼女の魔神器の暴走で町一つ無くなって、その罪の意識の中で主人公と共に生きていく展開(重すぎるか…)とか…

ヒロインは確実に助からないとなって、死んでしまったけど、愛の力で復活とか…

逆に、主人公が死んでしまうとか…

ハラハラ感とかが欲しかったです。(幸せムード多すぎでした)

正直、特に感動が無く終わってしまったので、帯で煽ってた割に…という感想でした。

加えて、最後の展開の理由が本当に謎でした。

これはネタバレなので言えないですが…

最後にある人物が事件?を起こすですが、動機が謎でした。

主人公の「そんな理由で?」というセリフもありますが、そのセリフを私も読みながら言っていました 笑

なので、クライマックスなのに盛り上がりに欠けたという感じです。

総じて、終始盛り上がりに欠ける展開でした。

次に、読むのにかかった時間ですが、”3時間”でした。

読みやすかったです。

ファンタジー特有の読めない単語も無かったです。

最後にこの作品が売れそうかですが…

正直わからないです。

この作品はLINEノベルの掲載作品の加筆という感じだったのですが…

LINEノベルを見ると、この作品はエピローグを迎えています。

かと言って、ストーリー的に完全に終わっているかというとそうではなく。

まだヒロインには魔神器が2個残っているという状況です。

LINEノベルの形態が正直わかっていないので何とも言えませんが…

今後の評価次第という感じなのでしょうか。

そう考えると、1巻の売れ行という面では、私も気になって買ってしまうほど帯も表紙も良かったので、次巻も出そうな気はしますが…

正直わからないです 笑

すみません。

ということで、今回は「勇者の君ともう一度ここから。」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみて下さい。

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)