異世界ファンタジ

スニーカー文庫新作「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年7月1日にスニーカー文庫から発売された「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介します。

「いかにもチート盛々そうなタイトル」

こんにちは、チート好きの市民です。

ということでこちらの作品ですが、真面目な女副団長チートだけどトラブルメーカーな主人公によるボーイ・ミーツ・ガールな作品なようです。

真面目系なヒロインが、主人公にだんだん絆されていく所が早く見たい!!

という読み終わった後なのに、まるで読み始めのような演技をしつつ、こちらの作品のご紹介...

この作品は『第25回スニーカー大賞<特別賞>受賞作』です。

加えて、この作品の著者は史上初の『スニーカー大賞2作品同時受賞』をした方らしく...

来月にはもう一つの方が刊行予定だそうです。

『新星現る!』ということで、今後の作品も期待大です!

それではさっそく紹介していきましょう!

どんな話??

こんなあらすじ...

神の技術が遺っているという、天空に浮かぶ遺跡。
その遺跡を攻略するための騎士団に雇われた主人公は...
「私は反対です!」
腕前は本物だが、騎士団の女副団長に反対されるほど問題児として名高い傭兵。
しかし、団長に上手くやられて副団長も仕方なく承諾。
だが、実際に会うと疑いは強まり...
「これなら遊ぶ場所もありそうだ」
到着して早々、騎士団への挨拶も無しに遊びに行こうとする始末。
そん中、彼らの次の遺跡攻略が開始!
彼の真の実力が分かり、副団長も徐々に気を許し始めた時...
「あなたに敬意を表します。さらばです、偉大なる傭兵」
強大な敵を前に、主人公一人を殿しんがりに撤退を迫られるのだった。

総評

今回は「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介しました。

読んだ感想としては、『ボーイ・ミーツ・ガール小説』としては面白いですが、『遺跡攻略や戦闘面』では若干物足りなさを感じました。

まず、『ボーイ・ミーツ・ガール小説』としての面白さですが...

やはり、『堅物副団長』✕『自由奔放な主人公』という構図は、ありがちですが面白いです。

特にこの手の作品だと、異様に『堅物系ヒロイン』の方が棘棘しい時もあり、(最終的に堕ちますが)「なんでここまで嫌うんだ...?」と思う時が私にはあるのですが...

主人公の言動によって上手く中和されており、ヒロインが棘棘しい場面でもかなり楽しく読み進めらました。

加えて、『堅物副団長』自体も意固地なとこが少ないので、結構最初から好感が持てるのも良かったです。

(私は物語序盤の強めなツンデレキャラがあまり好きではない)

また、物語全体を通しても、『堅物副団長が主人公に絆されていく所』と『主人公の過去を共に乗り越えて所』が一巻でしっかり纏まっていました。

なので、『ボーイ・ミーツ・ガール小説』としては、この一巻だけでも十分完結している面白さでした。

次に物足りなさを感じた『遺跡攻略や戦闘面』についてですが...

『遺跡攻略』に関しては、一部の遺跡の謎は解明されましたが、全容ーーー

すなわち、『神と遺跡の関係性』(なぜ神はいなくなったのかとか...)の全容が語られないまま終わってしまいました。(これ以外にも解明されない要素もあった)

これに関しては次巻以降が出るのであれば、徐々に解決していくとは思いますが...

来月に別作品を刊行するようなので、次巻が出るのかが不安な所です。

また、一巻の終わり方も、完結でも良さそうな感じではあったのでちょっと気になるところでした。

続いて、『戦闘面』に関してですが...

個人的に序盤は結構良かったのですが、遺跡攻略が始まってからは軽く終わってしまった印象です。

後半はどちらかというと、『堅物副団長』と『主人公』の二人の話がメインだったので、『戦闘面』はあくまで副次的に感じました。

なので、『遺跡攻略』における『謎解きと戦闘面』に期待していると結構あっさり終わってしまって、物足りなさを感じると思いました。

ちなみに、主人公のチート具合はチート慣れしすぎていると、普通ぐらいです 笑

次にこの作品を読むのに掛かった時間は、”二時間半”でした。

軽く読みたい方にはオススメだと思います。

逆に、謎解きをガッツリと時間を掛けてなどの人は、微妙かなと思います。

(『空の上には神が残した遺跡があるーーー。』と帯にあったので、私は↑を若干期待していた)

最後にこの作品が売れそうかですが...

タイトルと内容的に来月の『とってもカワイイ私と付き合ってよ!』の方が次巻への期待値が高めな気がします。

こちらの作品に関しては、この作品だけが刊行の場合は次巻も出ると思えるのですが...

やはり、2作品同時刊行ができるかに依存する気がしています。

ただ、『遺跡の謎』が全く解明されていないので、次巻が出たら普通に気になる所です。

著者さん、ファイト!!

ということで、今回は「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみてください!!

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)