異世界ファンタジ

彼女たち結成までの物語。スニーカー文庫新作「戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年5月1日にスニーカー文庫から発売された「戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)」を紹介します。

この作品は、2020年7月からTVアニメとして放送される「戦翼のシグルドリーヴァ」のスピンオフーー

いわゆる『前日譚』のお話です。

 

本編であるアニメの放送は現在(5月8日)では、まだですが...

アニメでメインとなる、『主人公が所属するチームの結成までの話』が本作の位置づけです。

アニメ内でも触れるかもしれませんが、主人公の過去の出来事が詳細に描かれていました。

なので、アニメ化前に読むのも、もちろん面白いですが...

アニメ放映後に、より深く知りたい方にも面白い作品だと思います。

(もしかすると、本編とは別で前日譚編としてアニメ化もするかもしれませんが...)

ということで、さっそく紹介していきます!!

どんな話??

こんなあらすじ...

西暦2019年、人類は突如として出現した光の柱ーー『ピラー』と呼ばれる敵性存在との開戦を余儀なくされた。
柱は周囲の大地を枯渇させる力を持ち、人々の住む環境を狭め...
たちまち攻撃すれば、人類兵器では倒せない敵性存在を生み出し対抗してきた。
多くの大地が奪われた現在、ようやく彼らに対抗し得る力ーー
神が遣わした翼の乙女『ワルキューレ』が反撃の狼煙を上げた。
彼女”ルサルカ”は、そんな『ワルキューレ』の一人である。
そして、彼女が隊長を務める所属部隊はトップレベルの実績を誇る。
しかし、そんな彼女達が足元にも及ばぬ存在ーー『ファースト・ワルキューレ』
彼女は部隊を持たず、たった一人だけでルサルカ達の何十倍もの実績を持ち...
現在討伐された敵の9割は彼女だけで討伐したと言われている。
そんなある日、彼女は突如、ルサルカに会いに来て...
『ファースト専属の小隊に参加しないか?』という打診が来る。
ルサルカはとある理由から、彼女の返事を断り、彼女以外のメンバーは配属。
そして...
彼女達の初陣にて、その戦場で生き残った者は一人もいなかった。

総評

今回は、「戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)」を紹介しました。

読んだ感想としては、話がまとまっており、物語の流れも十分過ぎるものでした。

一つの作品として、この一巻だけで面白かったです。

まず、物語の主な軸は...

『飛べなくなった主人公の再起』

です。

よくある内容であはありますが、この一巻だけで...

『飛べなくなった過去』『飛べるまでの葛藤』『再起』までが、うまくまとまっていました。

加えて、主人公に付きまとう『呪い』ーー周囲の期待過去の恨みのようなものもあり...

様々な感情を経験し、それらを踏まえて再起した主人公には、やはり込み上げるものがあります。

正直、この手の『空戦系』の作品は、アニメでしか観たことが無かったのですが...

書籍だと、キャラの心情などがダイレクトに伝わって、これはこれで良いなと感じます。

ただ、一つ問題としては、バトルシーンが少しイメージしにくいところでしょうか...

せっかく主人公が再起し、かっこいいシーンも多かったので...

その部分は、アニメで期待ですね 笑(前日譚のアニメ化も期待)

また、あくまで個人的な感想ですが...

やはり、『空戦系』『異界の生物侵略系?』などでの、ありきたりな展開に慣れてしまったことがあります。

面白いのですが、突き抜けて面白いわけではなく...

無難に面白い感じです。

この手の作品が好きな方や求めている方にはオススメですが...

何か少し違った展開を望んでいる方には、物足りない感じかもしれません。

私が若干物足りなく感じたので...

次にこの作品を読むのにかかった時間ですが、”三時間”でした。

最近は時間が有り余っていたので、良い暇つぶしになりました 笑

作品内の設定もありましたが、その中でもかなり読みやすいです。

登場キャラが変わるので、若干誰だっけ?となる時はありますが...

最後にこの作品が売れるかに関しては...

本編であるアニメの放送が夏にあるので、必要は無いでしょう。

ただそれでは物悲しので、何点か...

アニメ公式ページを見て思ったのですが...

アニメ本編の主人公っぽいキャラは、本作の主人公とは別人なんですね。

てっきり髪色を金髪に変えた主人公なのかと思っていました(髪色以外の容姿が非常に似てたので)

あえてここで、私なりにアニメの予想をしますと...

『本作の主人公と容姿が似ている』+『本作でキーマンとなった金髪の男キャラ』

ここから導か出せることは唯一つ!!

二人の子孫が、「戦翼のシグルドリーヴァ」の主人公では?という暴論を予想します。

(ファミリーネームが明らかに違う 笑)

以上、勝手な予想でした 笑

ということで、今回は、「戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)」を紹介しました。

気になった方は、ぜひ読んでみて下さい!

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)