現実世界

謎を解明せずに迷宮入り!?ガガガ文庫新作「シュレディンガーの猫探し」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年6月18日にガガガ文庫から発売された「シュレディンガーの猫探し」を紹介します。

「私が迷宮入りにしてみせよう」

ーー作品帯に書かれた謎の一文。

「何のことやら?」と読み始めて、明かされたのは...

『謎解き』ではなく、『謎隠し』をする

のが、この作品であったということです。

世の中には明かされることで輝きを失う神秘や、知りたくなかった現実だけが残ることもあります。

それを『探偵』が解明できないように、証拠隠滅していくというのが、コンセプトでした。

果たしてどんな作品に仕上がったのでしょうか?

ちなみに、この作品は『小学館ライトノベル大賞<審査員特別賞>』です。

それでは、さっそく紹介していきます!!

どんな話??

こんなあらすじ...

探偵は”真実”を求め、魔女は”神秘”を求める。
とある悩みを抱えた主人公は、知り合いの薦めで『迷宮落としの魔女』が住む館に訪れる。
彼の持つ悩みは、妹が容疑者として疑われている事件のため。
彼は妹が犯人では無いことは知っているのだが、ある事情から、その理由を話せない。
というのも、彼の妹は『知り得ない情報を視る』ことができるのだ。
しかし、そんな言い訳は通用しないことに加えて、この事件を解決するために『名探偵』が動いているという。
そんな状況を打開するために、『迷宮落としの魔女』の元を訪れたのだが...
「私がこの手で何としてでもーーー迷宮入りにしてみせよう」
『魔女』が求めるのは、解決されない『神秘』。
この一件を皮切りに、『魔女』と共に過ごす日々が始まり...

総評

今回は「シュレディンガーの猫探し」を紹介しました。

読んだ感想としては、『謎を隠す』という部分で新鮮さはありましたが、三つほど気になる点はありました。

まず、気になったポイントの1つとしては...

『そこまで大きな事件の解決はしない点』です。

これに関しては『学園ミステリー』というジャンルでも同じなのですが、この作品では学園外の事件でも同様の傾向にあります。

というのも、この作品のコンセプトは『謎を隠す』ことで、『魔女』の好きな『神秘』として事件を収束させることにあります。

しかし、これは言ってしまえば、ただの『証拠隠滅』です。

そのため、あまりにも犯罪的な事件だと『証拠隠滅』自体が倫理的に...となるので、恐らくヤバめの事件は扱えなかったと思われました。

次に気になったポイントは...

『迷宮入りの謎隠しが甘い点』がです。

この作品における『謎隠し』もとい、『証拠隠滅』...

そのためには、『探偵』が思いついた論の物的証拠を消す必要性と、『探偵』が謎を解くための『意欲』を削ぐ必要があるのですが...

「それだけでいけるか?」と単純に思ってしまいました。

加えて、事件のトリック自体も結構簡単なモノが多かったので、予測可能で「そうだろうな...」という感想が一番に来ました。

ミステリーとしては普通という感じですね。

最後に気になったポイントは...

『結局、非現実的な部分も含まれてきてしまった点』です。

この作品冒頭の書き方的に、『実は解明できることを神秘のようにする』ことが作品のコンセプトだと私は思っていました。

しかし、実際はラストで非現実的な方法が出てきます。

なので、途中までの非現実的でない方法と非現実的な方法が合わさって、ごちゃっと感じてしまいました。

「今まで信用していたものとの、結局どっちを信じたら...」という感じです。

ただ、これに関してはどうやら次巻も出るようなので、そこで解消されることを願います。

ただ、現状だと色々詰め込まれて、最終的にどっち付かずな印象を受けました。

次に読むのに掛かった時間ですが、”3時間半”でした。

読み応えがありました。

各章の最初にある挿絵もいい味を出していました。

最後にこの作品が売れそうかですが...

先程も書きましたが、次巻は出るようです。

ただ、このままだと...(売れるか)微妙な微妙な気がしています。

いっそのこと、非現実的な方に完全シフトした方(多分次巻はそうなる)がそういう作品として受け入れられるので、良さそうな印象でした。

ということで、今回は「シュレディンガーの猫探し」を紹介しました。

気になった方は読んでみて下さい!!

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)