現実世界

夢の中なら何でもできる?スニーカー文庫新作「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいだが?」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2019年11月1日にスニーカー文庫から発売された「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいだが?」を紹介します。

始めに言いたいことがあります。

タイトルが長い….笑

そして、このタイトルが全てを語っている 笑

それは置いといて、みなさんは幼馴染は負けヒロイン(聞いたことあるフレーズ)という流れが最近多いのは知っていますか?

ファンタジーはハーレム展開になりますが、現実世界のラブコメだと意外と増えている展開だと感じています。

逆にその展開を逆手にとって、幼馴染がメインヒロインとなる作品も増加中ではありますが、この作品もその1つとなります。

そして、気になる内容は!?……タイトルの通りです 笑

はい…

それではさっそく紹介していきます!!

どんな話??

短く言えばこんなあらすじ…

学校でも有名な美少女を幼馴染に持つ主人公。
しかし、かつての仲は思春期となった今では遠い昔の出来事。
家の前で会っても、目も合わせてくれない始末。
そんなある日、主人公は不思議な本を見つける。
書かれている内容は….夢を操る方法??
その日から主人公は幼馴染とのラブコメ展開を夢で見始めるのだが…
なぜか現実の幼馴染の様子がおかしくなってきた!?

詳しいあらすじ

主人公の天地夢次あまちゆめじはクラスでもオタクよりなグループに属する高校生。

いつも決まった仲の良い四人と集まって駄弁っている。

そんな世間的にオタクな夢次であるが、彼は学校でも有名な美少女神埼天音かんざきあまねと幼馴染の関係にある。

しかし、幼馴染という響きに想像することは無く….

「あ………….」

「…………..」

確実に目が合ったはずなのに、無表情で視線を逸らして足早に行ってしまった。

特に、夢次の家と天音の家は隣同士のため、朝は鉢合わせることが多い。

かつては仲が良くいつも一緒に遊んでいたが、あの日から….

特別仲違いをしたわけでもないが、自然にこの冷めた関係になってしまった。

そして、この関係に拍車を掛けるようにある噂が….

「そういえば神崎さん、彼氏がいるって言うしな。」

「……..そうだな」

今現在クラスで天音の隣で騒いでいるチャラ男と付き合っている。

特別な感情も無いはずだが、なぜか気にせずにはいられないそんな気持ち。

夢次は気分転換も兼ねて馴染みの喫茶店に行くことにする。

「いらっしゃいま….なんだい、今日も一人でご来店か?夢ちゃん」

出迎えてくれたのは、昔からお世話になっている年上の女性。

いきなり一人で?と聞いてきたのは、この店は天音とよく遊びに来ていた過去があったからだ。

「ここに遊びに来ていた二人が一緒に来てくれるのを私はずっと待ってんだけど?」

「う……」

そして、夢次と天音が疎遠になっているのを知り、気にかけている一人でもあった。

夢次もなんとか答えようとするが、天音は彼氏が出来たと噂されている。

コーヒーを注文してその場をはぐらかし、時間を持て余していると….

不意に見えた本棚に不思議な本があるのを見つける。

それは古書というのはふさわしく、荘厳な雰囲気があり…..

少なくともこの喫茶店には場違いな一冊であった。

気になった夢次は中を見てみるが、表紙から中身まで見たことがない文字で書かれている。

「洋書だって読めないのに……どこの文字……ん?」

そう思っていると不思議なことに、読めないはずだった文字がいつの間にか日本語に変化している。

不思議に思い、あらゆる角度から見てもやはり日本語に変わっている。

そして、気になっていた本の表紙を見てみると…

「夢を操る方法?」

う…..うさんくせぇ…..

と本心で思いつつも、続けて中身も読んでみる。

『この本を手に取りし者よ。手始めに其方の思い描く最良の夢を提供しよう』

やはり胡散臭い。

そう思いつつも、どこかこの本に興味がわく夢次。

そして、自分にとって最良の夢を考え始めると、不意にあるイメージが浮かぶ。

『夢ちゃ〜ん。一緒に遊ぼ!』

それは現実ではもう見られないであろう、昔の天音の笑顔。

夢次はそうだったら良いなぐらいの軽い気持ちで自覚すると、妙な疲労感が体に押し寄せ……

意識が途切れた。

ーーー夢の中ーーー

「…….ちょっと…….しっかりして…….ユメジ!!」

遠くから俺の名前を呼ぶ声。

「悪い、眠らされていたのか俺は!?」

アマネの咤から目覚めた二人の目の前には、こちらを威嚇するゴブリン5体。

そう、ここは異世界で、俺達は学校の帰りに脈絡もなく異世界転移したのだ。

そして、冒険者として過ごし始めて、今はゴブリンとの戦闘中なわけだ。

最初の頃は疎遠だったために気まずい関係だったが、今では最高の『仲間』として過ごしている。

そんな彼女の表情は幼い頃に自分に見せていた表情にそっくりで….

「頼りにしてるぜ相棒!!」

「ハイハイ、それはお互い様よ!!」

そう思うとこれで良かったんじゃないかと思えなくもない。

ーーー夢終了ーーーー

「……….は?」

夢次はすっかり冷めたコーヒーを見て、自分が眠っていたことを自覚した。

そして、夢ではあった天音の昔の笑顔を見ることができたことに、夢次はこの本の力は本物であると確信する。

それからというもの、夢次は本の力を使って天音と過ごしたい日々を夢で見始める!!

時には、魔王を討伐をしたり…..

時には予知夢を見て、天音を怪我から救ったり…..

異世界で天音と結婚したり……

天音との理想の日々を夢で経験する!!

そんな夢で天音と結婚した次の日、天音の態度がどこかオカシイ!?

「おおおおおおおおおおおおはよう!!じゃ、私は急いでるから!またね!!」

え?なんだろうこの反応……

理由もわからないまま、夢次が本の別の力を調べているとあるページで手が止まる。

『共有夢 他者と同じ夢を見る(半径10〜15mで発動)』

あれ?もしかして、天音は自分と同じ夢を見ている!?

それこそ異世界で結婚しているあのイチャラブ生活の夢を!!??

そして、夢が進むたびに挙動不審になる天音を見て、夢次は…..

疎遠になった夢次と天音のラブコメが今始まる!!

総評

今回は「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいだが?」を紹介しました。

読んだ感想としては、夢という部分でラブコメ作品という枠だけでなく怪奇的要素も入ってきて、内容は面白かったです。

あらすじでは書いていませんが、この作品では夢における都市伝説の要素も後半になると含まれてきます。

前半がポップな異世界要素が多かっただけに、かなりギャップもあり面白かったです。

深層心理で怖く感じるときがありました。

ただ、都市伝説的な部分が良かっただけに、最初からそっち路線が良かったかなと個人的に思いました。

特に、最終局面では色々な要素が混ざってしまっており、ちょっとごちゃついていました。

夢という何でもありにできる要素が悪く働いた印象です。

そうなると、最初から一本に絞ったほうが最終局面の読みにくさが解消されたのかな〜と…..

また、最後の終わり方も少し気になりました。

これはネタバレなので詳しくは言いませんが、すごい煽った言い方の割に普通だったということです。

全体的に、夢という要素のため場面?転換が早く、世界線も異世界と現実世界と怪奇世界?に分かれて、ごちゃっとしてました。

ただ、夢という要素自体は非情に面白かったです。

ちなみに、ヒロインとの恋愛に関しては….

疎遠になった関係性の理由がある出来事を境に判明して、実は幼馴染は主人公を好きだった的なテンプレ展開でした。

そして、ある出来事を境にの部分がこの作品では夢の中で判明という感じです。

なので、ラブコメはよくある王道パターンでした。

次に読むのにかかった時間ですが、”一時間半”でした。

ごちゃっとしており、少し読みにくい印象です。

一気読み推奨です。

最後にこの作品が売れそうかですが…..

おそらく次巻は厳しいというか、一巻で完結する感じの終わり方だったので無さそうだと思います。

今後の展開に関しても、正直想像できないです。

ラブコメを推すのか、否か….

おそらく一巻完結だと思いました。

ということで、今回は「疎遠な幼馴染と異世界で結婚した夢を見たが、それから幼馴染の様子がおかしいだが?」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみてください。

それでは今回はここらへん!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)