小説家になろう

小説家になろうのおすすめ|短編部門Part1

みなさん、こんにちは!!

今回は小説家になろうの短編のおすすめ小説を紹介します。

みなさんは短編作品って読みますか?

なろうでは【連載中】【完結済】【短編】の3種類の小説が存在します。

実を言うと、私はなろう読み始めの頃は100話以上の【連載中】【完結済】以外読んでいませんでした。

理由は特に無かったのですが…. 笑

しかし、最近では短編作品を見つけたら基本的に読むようにしています。

ではそもそも、なぜ短編がいいのかという部分とおすすめの短編作品を紹介していきます!

短編のここが良い!!

おすすめポイント

  • 文量が少ない!!
  • 濃厚ながらスッキリ終わる!!
  • 設定が独特なことが多い!!
  • 連載版が始まるときがある!!

まず何と言っても、文量の少なさが重要でしょう。

やはり、なろうを読み始めの頃は、数多ある超大作の人気作品を読みまくりますよね?笑

私もそうでした。

転スラから始まり、無職転生、ありふれた職業で世界最強などなど。

まずは有名どころを読みまくります。

そして….

疲れ果てます 笑

大作ということもあり、各作品は非常にクオリティが高く話数も非常に多いです。

しかし序盤は、新鮮味や”あの有名”というテンションなのですが、途中から「あぁ、次の町行くのね….」「どうせ日本みたいな国があるんでしょ?」と飽きてきてしまい、読むのを辞めてしまうケースも多々ありました。(ファンタジーの展開は似ている)

それに対し、短編作品は常に作品序盤のワクワク感のまま読み続けられます。

加えて、文章自体も連載ではない分、引き伸ばしやダラーッとした展開が無いため、非常に読みやすく、飽きが無いです。

また、短編作品の特徴ですが….

誰も思いつかない突拍子もない作品が多い印象です。

後述のおすすめのタイトルを見れば分かるかもしれませんが、なかなか思いつかない展開やジャンルの作品が多く楽しいです。(趣味の偏りが激しいので分かりにくいかも)

最後に連載版が読めるというのは何ぞや?って話なのですが….

短編の中でも、たまに読者の要望に応えて連載版になるときがあります。

短い文量が利点と言いましたが、やはり「連載版でもっと長く読みたい!!」と思う作品もあります。

その中で応援や要望が多い作品は、作者さんが連載版として新たに続けてくれる場合もあります。

もちろん、作者さん自身の都合ですので、短編のみの場合もあります。

それは作者さん側の都合なので言い過ぎは辞めましょう。

逆に連載版を書いてくれたときは、誰よりもはやく読むつもりでいきましょう 笑

おすすめ短編作品

これから追加されていく場合が多分にあります。

追っかけていたアイドルがイケメンと歩いている姿を目撃した俺は、バイト代はたいて買ったグッズを全て売り払い、ワキガで悩んでる北欧系超絶美少女ハーフ義妹に手術代としてあげたら、死ぬ程惚れられた。

短編では超有名作品です。

一時期は模した作品もありましたが、読者からクレーム?が多く消されていました(私は普通に楽しく読んでいました 笑)

内容はタイトル通りなので、説明は不要でしょう。

また、短編作品ならではの誰も思いつかない突拍子もない作品という感じです。

ということでこの作品のリンクから気になる方はぜひ読んでみてください。

 

今からはジャンルが偏ります…….(ほぼ百合系)

なお、作品の詳細はタイトルで大体分かりますので、説明はほとんどありません。

百合好きが美少女三姉妹の長女にTS転生した結果がこちら

姉妹百合の作品です。

ほんわか聖女系主人公と双子の妹たちが出てきます。

姉妹百合に関しては、自分の汚れがただただ洗い流されます。(汚れでしかない 笑)

ということでこの作品のリンクから気になる方はぜひ読んでみてください。

友人に好きな人が出来たらしいので応援したら大変なことになった件

勘違い系主人公による百合ストーリー。

この作品を読んで思ったのは「これを求めてた!!」をいう感想です。

最近(2019年8月12日)に読んだばかりなので、新しい作品です。

ということでこの作品のリンクから気になる方はぜひ読んでみてください。

偽彼氏を依頼されたので全力で堕としにいきます

完璧なツンデレヒロインが、親友の女の子に堕とされていく話です。

堕とすといっても、親友の女の子が男装をして、イケメンになってから堕としに来ます。

「男装っていいよな〜」となる作品です。

ということでこの作品のリンクから気になる方はぜひ読んでみてください。

百合営業声優の受難

一言いいますと…

尊い

それ以上でしか無いです 笑

百合営業していた2人の声優の1人が本当に目覚めてしまい、もう1人に迫る話です。

夏の暑さ(現在2019年8月15日)が加速しました 笑

ということでこの作品のリンクから気になる方はぜひ読んでみてください。

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)