小説家になろう

【毎日投稿?】なろうおすすめ|2020年4月4日〜2020年4月10日

新型コロナの影響で外出自粛要請も出ているので、毎日?その日読んだなろうのおすすめを紹介していきたいと思います(2020年4月4日現在)

正直『私の気力がいつまで持つかも謎な企画』『自粛解禁され次第やめそうな企画』ですが、気晴らしに参考にしてみて下さい。

ちなみに、基本的になろうの...

【異世界恋愛】【現実世界恋愛】【ハイファンタジー】の日間上位ランキング or 私的趣味から選ばれます。

私的趣味に関しては、出てきたらお会いしましょう...

(これから売れそうなどの観点は無く、その時点で面白い or 面白くなりそうな作品を紹介します)

はじめまして。こんにちは。(2020年4月4日)

作品内容(引用)

前線で戦う軍人の父を持つミントは、そんな父と幼い頃から文通している。
ある日、戦場近くで子どもを拾ったという父のすすめでその子どもと文通を始めるも、その相手はなかなか手強かった。

(https://ncode.syosetu.com/n1453gd/ 引用)

『異世界恋愛の日間ランキングで1位だった作品』です。

短編作品でしたが、始まりから終わりまでがリズミカルで良かったです。

また、文通という手紙形式のやり取りや、知らない相手との距離感どう恋愛という部分に帰着させていくかが、オリジナリティがありました。

(子煩悩な父ともかも良い要素だった)

途中で、もしかしてこうなるのでは?と予想できますが...

「やっぱりこうなったか...」よりは「キター!」という感じ(分かるかな?)

文章自体も、長くもなく、足りなくも無い丁度いい長さでした。

短時間(5分ほど)でほっこりしたいなという方はお試しを!

 

 

雨傘ダブルバインド(2020年4月5日)

作品内容(引用)

「素敵な夢を見たの。あなたがここから消えちゃう夢」
私の姉は変わっている。
その最たる例は、青空の下でも開かれる、透明のビニール傘だろう。

(https://ncode.syosetu.com/n8647eh/ 引用)

なんで今まで読んでこなかったのかと驚いた作品です。

位置づけとしては純文学ですが、私は純文学は分かりません 笑

短編作品ですが...

序盤、中盤の違和感やフラグ立て。

そして、終盤で全てを回収し、全ての点が繋がっていきます。

感動するという作品よりは、「おぉ」と感じます(伝われ...)

どちらかと言うと、色々予想を考えながら読む人には勧めたい作品です。

ちなみに、私は読みながらラストの予想はしていましたが、完全に逆でした(ネタバレ:確かに、姉が周囲に見られているのはオカシイか...)

昨日に引き続きですが、文章自体も、長くもなく、足りなくも無い丁度いい長さでした。

短時間でちょっと集中して読みたい方にはおすすめです。

みなさんは、ラストが予想出来ましたか??

 

 

聖者の行進~俺に治せないものはない。ただし、患者は美人に限る~(2020年4月6日)

作品内容(引用)

ある日、全回復術士の99%を輩出する国で事件が起きた。
歴史上最も優れた回復術士である『聖者』が行方を眩ましたのだ。
誰かに連れ去られたのか、もしくは他国の陰謀か。
様々な憶測が飛び交う中で、懸命な捜索もむなしく、その行方は分からなかった。
それからしばらくして、とある国のとある女学園で働く一人の回復術士の噂が流れてきた。
何でもその男は治療と称してのセクハラ治療を繰り返し、生徒たちの多大な反感を買っているらしい。
しかし、回復魔法の腕だけは確からしく、本人曰く「俺に治せないものはない」とのこと。
果たして何か関係があるのだろうか……?

(https://ncode.syosetu.com/n0263gd/ 引用)

4月1日に初投稿をした最近の作品です。

ハイファンタジー上位の追放や成り上がり系を読み飛ばし続けていたら、発見しました 笑

(ちなみに、追放や成り上がり系は飽きたので読みません)

現状9話までのこの作品を一言で言うと...

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』っぽい感じです。

どこか頼りない(やる気も無い)けど実は凄い主人公が、活躍していきそうな話です。

『変態』『戦闘力0』だけど、どこか主人公に期待してしまう...

1話目の掴みが非常に惹かれたので、今後も読んでいきたいかなと思います。

追放や成り上がり系作品に飽き飽きした人...

ロクアカっぽい作品が読みたい方には、おすすめです。

(今後続けば、書籍化しそう)

 

 

公爵令嬢と恋と筋肉と(2020年4月7日)

作品内容(引用)

公爵令嬢クラリスの元に、この国の王太子で婚約者のサディアスが先触れなしに屋敷へとやってきた。
隣には最近彼と懇意にしている男爵令嬢のアイリーン。
サディアスはアイリーンにしてきたクラリスの悪行をあげていく。
だがクラリスの余裕の笑みは崩れることはなかった。

(https://ncode.syosetu.com/n1382gd/ 引用)

『百合』で小説検索し、日間ポイントの高い順でソートしたときに発見しました。

ちなみに、私はよく『女主人公』『百合』『男の娘』など検索してます 笑

内容的には、序盤はよくあるような『ざまぁ系』作品かなという印象だったのですが...

全然違いました 笑

タイトルからして、なんかオカシイなとは思っていたのですが 笑

ものすごく練られている凝った作品というよりかは...

思わずクスッとしてしまう作品です。

短編作品なので、短時間で読み切れるのも良さだと思います。

ちょっとした時間で、気分を良くしたい人にオススメです。

 

 

戦乙女クランと男の娘~男子禁制のクランに所属している僕は、脱退したいと訴える~(2020年4月8日)

作品内容(引用)

『戦乙女』クランは、女性だけで構成された有名な冒険者集団。そんな男子禁制の組織には、ギルという名の男の娘が所属していた。

ギルは自分の性別がバレることを恐れて、クランを辞めたい、追放して下さいと訴える。

(https://ncode.syosetu.com/n3308ev/ 引用)

今日は、好きな作品を再度読み返したい日でした 笑

もしかすると一度紹介した可能性もありますが、その時はすみません。

ということで、こちらの作品ですが...

『男の娘』です!

タイトル通りの内容ですが、男の娘の可愛さなどが詰まった作品です。

加えて、主人公がカッコいいというのもポイント高いです。

主人公に癒やされたい方は、ぜひおすすめしたい作品です。

ちなみに、この作品は未完結のまま1年以上投稿されていません。

なので、続きの可能性は...薄いでしょう。

 

 

最強エルフたちと送る最高のスローライフ~転生した200年後の世界の中心にいたのは、かつて俺に仕えていた6人のエルフでした~(2020年4月9日)

作品内容(引用)

俺がかつて生まれ育った国にはエルフの奴隷制度が存在していた。
それはそれはひどい扱いであった。

回復薬の開発によって見たこともないような額のお金を手にした青年フィセルもひょんなことからエルフを買うことになるが、彼女たちと接していくうちにやっぱりこの国のこの制度はおかしいと思い彼を慕う6人のエルフたちと革命を起こすことを決意する。

だが計画の最中に過労で倒れてベッドから動けなくなった彼は自分の手で世界を変えることを諦め、自身に未完成ながらもたどり着いた転生魔法をかけることによって6人のエルフが変えた世界を見ることを決意し息を引き取った。

次に彼が目を覚ましたのは彼の死から200年後の世界であり、その世界の中心にいたのは紛れもなく昔フィセルに仕えていた6人のエルフたちであった。
200年経った今でも彼らはフィセルの事を慕っており、一部のエルフは主従関係ではなくなったことからより積極的になっているようで・・・。

生まれ変わったことにより魔法の才能も剣技の才能も何も持たないフィセルとかたや世界の中心となってしまったエルフたちとの身分や種族を超えたスローライフがここから始まる。

(https://ncode.syosetu.com/n2859gc/ 引用)

本日もハイファンタジー上位の追放や成り上がり系を読み飛ばし続けていたら、発見しました 笑

この作品は、エルフと人における『人種関係』をメインとした作品です。

主人公は、前世にエルフの立場を良くするために孤軍奮闘し続け、亡くなりました。(これが序章の部分)

そして現在、主人公は転生し、かつて共に協力していたエルフ達と再開を果たしました。

異世界の作品ではエルフが奴隷の立場にある作品が多くありますが...

チート主人公が、魔法や薬でパッパと治して、パーティの一員に!他のエルフの事情は知らん...

という作品が多い中で、『人種関係』を深堀りしていきそうなこの作品は、珍しく感じました。

今後の展開がどうなるかはまだ分かりませんが、期待している作品です。

よくあるチート主人公に飽きた方に、おすすめしたい作品です。

 

 

元・傾国の美女とフラグクラッシャー王太子(2020年4月10日)

作品内容(引用)

公爵令嬢のアザレアには前世の記憶があった。それは時の皇帝を惑わし、国を混乱させた原因として処刑される記憶だった。悪女と罵られ一族郎党皆殺しにされたとき、彼女はもう二度と権力者とは関わらないと決め、この世を去ったのだ。しかし、何の因果か今世でアザレアは王太子ロータスの婚約者となってしまった。前世は美しさだけが取り柄だった。今世ではその取り柄すら無い。
「きっと無能な私よりも殿下にふさわしい人が現れるはず。その時は身を引くべきだ」と、前世のせいで自信を失ったアザレアはそう考えていた。
しかし、彼女は気づいていなかった。

「殿下ァ! 散歩感覚で敵国の皇帝と仲良くなってくるのはやめてください!! 両陛下の心臓が止まりかけましたのよ!?」
「殿下ァ! 修行感覚で魔王を倒してくるのやめてください!! ほらぁ! 勇者殿が泣いちゃったではありませんか!!」
「殿下ァ! 好奇心で精霊の国に行かないでください! 皆心配しております! 早く帰って……え? 帰り方がわからなくなった? もおおおおお! 急いで迎えに行きます! そこで大人しく待っていてください!!」

ハイスペックすぎるロータスに唯一対応できるのは、同じくハイスペックなアザレアしかいないと。
これは、ネガティブな一級フラグ建築士アザレアと、天然なフラグクラッシャーのロータスが、くっつくまでのお話。

(https://ncode.syosetu.com/n0468gb/ 引用)

まずは一区切りの最後となった作品は、『異世界恋愛』からの一つです。

『主人公』VS『主人公の妹』というありがちな展開は軸としてありますが...

フラグクラッシャーの王子や、それ以外にも空気の読めないキャラが出てきて、良いアクセントとなっています。

現在(20話)はシリアス展開がスタートしましたが、コメディ感のある日常パートをもっと出てきても面白そうです。

しかし、現状『妹』の存在が異様に不気味過ぎるのが恐ろしいです。

多くの作品では『妹』sideの話が時折挟まれて、一気に転落していきますが...

この作品は『妹』sideが現状無いので、真相が非常に気になるところです。

シリアス展開もあるので、大丈夫な方は読んでみて下さい!

 

 

まとめとなろうに思うところ

外出自粛期間だったので、突如始まった企画ですが...

我ながらやる必要はあったんでしょうか?

単純に月単位で、おすすめ紹介で良かった気がしています 笑

ただ、一週間やってみて思ったところもありました。

それは...

「同じような作品ばかりだな...」

というところです。(よく色々な記事で言っているけれど...)

毎日、『異世界恋愛』『現状世界恋愛』『ハイファンタジー』の日間ランキングの上位100位を流し見している間に、思いました。

そのため、一週間私が紹介した作品の多くは...

できる限り、この同じような作品に該当しない作品を選びました。

というのも、やはり同じような作品ばかり読んでも、飽きますからね 笑

(そもそも、私の場合は『タイトル』と『紹介文』の段階で弾いてしまうのですが 笑)

ちなみに、よく見られた作品は...

『現実世界恋愛』...悪役令嬢や恋愛無頓着主人公によるざまぁラブコメ(他に比べるとマシ)

『現実世界恋愛』...パワハラ幼馴染の掌返し(伝わるかな?)、意味わからないけど好かれる主人公(若干マシ)

『ハイファンタジー』...劣等からの成り上がり(特に補助系職)←これ多すぎ

です。

やはり似たジャンルはすぐに上位になる傾向にはあるでの、こうなってしまうのかもしれませんね。

ただ、今回の私のように毎日読んでいる人はどう感じているのでしょうか...

(似たように、「同じ作品ばかり」と思っているのかな?)

(初めてなろうを読み始める人は良さそうですが...)

そういう時こそ、自分の好きなコアなジャンルを攻めるのも良いかもしれませんね。

私なら『TS』『百合』『男の娘』 笑

ということで、愚痴などはここらにして...

ーーー完ーーー

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)