おすすめラノベ

チートまみれの敵と遂に決着!!MF文庫Jから待望の新刊「ライアー・ライアー4 嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年3月25日にMF文庫Jから発売された「ライアー・ライアー4 嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。」を紹介します。

非常に気になる終わり方をした第三巻からの、二ヶ月連続刊行!!

これほど長く感じた一ヶ月は受験期以来でしょうか(嘘)

第三巻ではヒロインの偽物が登場し、まさかの宣戦布告!

学校対抗戦的なイベントにて、偽物含めて主人公とバトルという展開でしたが…

なんと主人公が自らゲームを降りるという衝撃のラストでした。

加えて、今まで登場してこなかった学区外(他校)の実力者達も登場!

一体どうなってしまうんだ!?となっていたのが、一ヶ月前。

私は、現在すべてを読み終え、非常にスッキリしています 笑

ちなみに、第三巻もこのサイトで紹介しているので、気になる方は読んでみて下さい。(もちろん、一、二巻も紹介しています)

嘘とハッタリで学園最強? MF文庫J新作「ライアー・ライアー 噓つき転校生はイカサマチートちゃんとゲームを制するそうです」を紹介!!みなさこんにちは!! 今回はMF文庫Jから2019年4月26日に発売された「ライアー・ライアー 噓つき転校生はイカサマチートちゃん...
次の舞台は区内選抜戦!?MF文庫Jから待望の新刊「ライアー・ライアー2 嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。」を紹介!!みなさん、こんにちは!! 今回は2019年8月24日にMF文庫Jから発売された「ライアー・ライアー2 嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙...
学区対抗イベントで更なる強敵とニセモノ!?MF文庫Jから待望の新刊「ライアー・ライアー3 嘘つき転校生は偽お嬢様のニセモノを探しています。」を紹介!!みなさん、こんにちは!! 今回は2020年2月25日にMF文庫Jから発売された「ライアー・ライアー3 嘘つき転校生は偽お嬢様のニセ...

それでは、気になる四巻をさっそく紹介していきましょう!!

前回のあらすじ(ネタバレ)

あらすじ

「はぁ…、もう、ホント最悪ね」

思わずため息をこぼすのは、緋呂斗の目の前に座る彩園寺更紗さいおんじさらさ

彼女とは現在進行形で、緋呂斗と更紗の嘘を守るために協力関係にある。

そんな彼女が思わずため息を漏らしてしまう理由というのが…

「もう結構な話題になってるよな…”もう一人の彩園寺おまえ”」

そうーーなんと更紗の偽物を名乗る人物が現れたのだ。

しかも、偽物の更紗はisland tubeという動画投稿サイトに更紗と瓜二つの姿・・・・・・・・で、こちら側に宣戦布告

五月期交流戦という学区外の強敵と戦うイベントにて…

・篠原緋呂斗を倒したほうが勝ち

篠原緋呂斗の単独勝利の場合は、処遇は緋呂斗に任せる

篠原緋呂斗が二人のどちらか以外に負けても、ニセモノの勝ち(モブに負ける雑魚なら、それに負ける『女帝』も必然的に雑魚になるから)

という条件で、内容が決定してしまったのだ。

予想外の展開に、戸惑う二人。

そして、前回の秋月乃愛を差し向けた黒幕も裏にいると二人は予想するのだった。

ーーー5月交流戦ーーー

五月期交流戦は各学校の代表によるチーム戦であり、同じチームとなる乃愛以外に六つ星二人がいた。(緋呂斗、白雪、乃愛、そして六つ星二人で1チーム

しかし、残りとなる六つ星二人…

榎本進司えのもとしんじ”ーー生徒会長であり、瞬間記憶力を持つ天才。模試でもぶっちぎりの一番

浅宮七瀬あさみやななせ”ーー運動神経抜群で、手先も器用。動体視力と反射神経も良く、大体の音ゲーは所見で最高難易度もクリアできる

というのが…

『ーーねえ、ねえってば進司!聞いてる!?聞ーこーえーてーる!?』

『いいや、隣のバカが騒がしくて僕には何も聞こえない』

『騒がしいのは進司のせいじゃん!てかそこ!そこウチの席なんだけど!』

『それは何を根拠に言っているんだ?席などどこでもいいだろう?』

「「「…」」」

相性最悪のコンビだった。

そんな彼らと本当に上手くいくのか?と始まったイベントだったが…

案の定、喧嘩ばかりで相性最悪。

加えて、5月交流戦の敵となる相手には…

以前、緋呂斗と対戦し、危機的状況まで追い詰められた久我埼晴嵐くがさきせいらん

<一撃一殺>という特定条件下で、他プレイヤーを一撃で葬り去るアビリティを持つ少女枢木千梨くるるぎせんり

好戦的な性格で、何でもアリを信条とし、<絶対君主>の異名を持つ霧谷凍夜きりがやとうや

など、要注意な人物ばかり!!

そんな心配な状況で緋呂斗は、深夜にとある女子中学生椎名紬しいなつむぎと出会う。

彼女の外見を一言で言うならば、中二病。

しかし、深夜になぜ出歩いているかは置いといて、彼女は緋呂斗をお兄ちゃんと呼び、色々なゲームで遊び…

結局、毎晩一緒にゲームで遊ぶ間柄になるのだった。

ーーーそれからーーー

大会が始まって二日目に突入しても、なぜか動き出さない更紗の偽物。

しかし、二日目の後半にして初めて事件が起こる。

何と、更紗の偽物が、今度は他学校の生徒に偽装して、他学校を壊滅させたのである。

(すなわち、誰の姿にも偽装できるので、内部から相手を倒せる)

その情報を聞いた各学校は、偽物改め<百面相カメレオン>を要注意人物として選定。

もちろん、緋呂斗達も視界の見える範囲で全員行動するなどの対策を立てるが…

「…暗黒…?」

突如起こった攻撃によって、疑心暗鬼になった相性最悪な進司と七瀬は喧嘩を始めてしまう。

遂には、二人は頭を冷やすということで、一時的にゲームから離れることに…

そんな危機的状況を終えた日の夜。

とある衝撃的な情報が拡散されていた。

それはーー

【特記事項ーー英明学園篠原緋呂斗:脱落】

現段階の設定(星について)

星には通常の星色付きの星がある。

色付きの星は十数個あり、それぞれに特典がついている。

現段階では赤と藍と翠の色付きの星が確認されており…

赤の色付きの星を所持しているのは緋呂斗。

藍は久我崎であったが、現在は緋呂斗が決闘の結果奪った。

翠は秋月乃愛が持っていたが、現在は緋呂斗が決闘の結果奪った。(なぜか乃愛も持っている)

赤の星の効果はステータスに嘘を付くことが出来る、というのもので緋呂斗は7つ星であるという嘘のステータス改ざんをしている。

藍の星の効果は<✝漆黒の翼✝>という効果で、簡単に言うと中二病になれる 笑
(エフェクトなどの演出効果が主なので、演技にはもってこい)

翠の星の効果は、相手の行動を読み取れる(若干怪しい)

また、決闘で色付きの星所持者に勝つと、現在持っている通常星が色付きの星に変わる。

このとき、赤色の星が奪われると、相手に自分の嘘がバレてしまうため、緋呂斗は一敗も許されないという状況。

逆に、緋呂斗は1つ星かつ色付き星しかない状態で、色付き星持ちに勝つと、色付き星に変化する通常星がないため、無条件で星の数が増加していく。

そのため、主人公は学園始まって依頼の8つ星になるのでは?と学園長に期待されている。

重要人物

篠原緋呂斗しのはらひろと: 偽りの7つ星で実際は1つ星(現在は3つ星)。ある人物に会うために学園島に来たらしいが、その人物は未だ謎。緋呂斗自身の能力として、表情と内心を切り離せる能力があり、イカサマに向いている。

彩園寺更紗さいおんじさらさ: 彩園寺家の娘…と偽って過ごしている本名“赤羽莉奈”。つまり、1巻で彩園寺の娘と言うと、莉奈のこと。彼女自身も彩園寺の実娘と偽るために赤色の星を持っていたが、緋呂斗に奪われて焦っていた。現在は緋呂斗と嘘を共有する協力関係。(二巻の表紙の娘)

姫路白雪ひめじしらゆき: カンパニーに所属し、現在は緋呂斗のメイドとして働いている。莉奈と彩園寺の実娘と昔から面識があり、仲良しだった。白雪自身も4つ星という実力があり、決闘では白雪にかなり頼っている節がある。(一巻・三巻の表紙の娘)

秋月乃愛あきづきのあ:緋呂斗の学園の先輩。主人公の実力を疑い、不正を使って失脚させようとしたが、見事返り討ちにあった。現在は主人公に惚れていて、事あるごとにアピールしている。6つ星の実力者なので、これからもチーム戦のなどで関わりが増えそう。

椎名紬しいなつむぎ:5月対抗戦の夜のホテルで出会った中学生。外見はゴスロリでオッドアイの中二病。緋呂斗を兄と慕い、頻繁にゲームをする。PC強強な天才。(四巻の表紙の娘)

4巻目のあらすじ

【篠原緋呂斗:脱落】

その衝撃的な情報の真相、そして今後の作戦会議のために集まる一同。

(実際は、逆転の策として緋呂斗が自ら脱落しただけだが…)

そして、緋呂斗と白雪はとある不審点を話し始める。

「昨日の<ライブラ>の中継(この大会の中継)は覚えてるよな?」

それは昨日、初めての<百面相カメレオン>による被害が出たとき…

ライブラサイドは明らかに動揺したような実況をしていたが、夕刻の映像では動揺していた部分は全カットされ、<百面相カメレオン>をダークホースと持て囃すように変わっていたのだ。

そこから、緋呂斗は恐らく百面相カメレオン>はライブラでも動揺するような不正を働いていた可能性が高いと予測を立てていたのだ。

しかし、ライブラの誰かと接触を取ろうにも、今回の大会運営補佐として働くライブラとは、参加者は一切接触が禁止されている。

そこで、緋呂斗はあえて大会から降りる(脱落)ことで、普通じゃない方法で逆転をしようとしたのだ。

だが、ここで問題が…

「でもシノ(緋呂斗のこと)、もう死んじゃってるじゃん」

そう、何かしらの秘密が暴けたところで、緋呂斗は大会に参戦する方法が無い…と思いきや!

「この五月交流戦のもう一つの目玉イベントとして開催されるオープンゲーム<MTCG>…その最高報酬にあたる”ワイルドカード”は<アストラル>(今のゲーム)への参加権だ」

(今のゲームに途中から再参加可能ということ)

緋呂斗は不敵な笑みで答えるのだった。

ーーー三日目夜ーーー

大会から脱落した緋呂斗は、大会運営補佐であるライブラと接触していた。

こちらを伺うような視線を向けるライブラの少女。

その様子を見て、緋呂斗は…

「何か俺に話したいことがあるんじゃないか?」

「っ…!」

明らかな動揺を見せる。

しかし、迷っているような態度を見せる彼女に緋呂斗は、奥の手…

彩園寺更紗を呼ぶという手段を使う(ライブラの少女と更紗は友達)

そして、緋呂斗と更紗による説得の末、彼女は話し始める。

その内容というのは…

・<百面相カメレオン>は違反プレイヤーで超超超チート仕様になっている。

・運営委員会の一部に<百面相カメレオン>の仲間がいたので、色々手引していた。

・運営委員会は大会を全てライブラに押し付け、運営を降りた

・ライブラ単独運営だが、大会を続行するために<百面相カメレオン>を持て囃した

という内容だった。(ライブラは悪くなさそう…)

しかし、これはあくまで延命でしかなく、バレた暁にはライブラに批判が集中する。

そのため、少女は緋呂斗と更紗に助けをお願いする。

それに対し、緋呂斗は…

「潰されたくないなら潰し返してやろうぜ?」

と宣言するのだった。

ーーーーそれからーーーー

緋呂斗はMTCGでワイルドカードを手に入れに行く…その前に、

ライブラで現在の大会状況を見てみると…

「<連合軍>アビリティ…か」

百面相カメレオン>のチート級の能力もそうだが、もう一つの特筆すべきアビリティ。

<連合軍>という、他の1チームを自分の傘下にできるという通常の能力が不正され…

なんと七チームもが<百面相カメレオン>の傘下に所属する圧倒的な巨大勢力となっていたのだ。

さらに、その傘下にはあの久我埼晴嵐くがさきせいらん枢木千梨くるるぎせんり霧谷凍夜きりがやとうやの名前が!

そんな圧倒的不利な状況に、緋呂斗はいち早くMTCGのクリアを目指す。

順調にMTCGをクリアする中、とうとう緋呂斗はMTCGのラスボス…

毎晩一緒にゲームをしている中学生、椎名紬しいなつむぎに挑む!

そして、緋呂斗は彼女との勝負後、衝撃の事実を知る。

「そうだよーーわたしが<百面相カメレオン>だよ、お兄ちゃん」

総評

今回は「ライアー・ライアー4 嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。」を紹介しました。

読んだ感想としては、三巻に仕込んでいたフラグがキッチリ回収されており、非常にスッキリと終われた巻でした。

四巻の内容を一言で言うなら、最下位からの大反撃ですが…

大反撃を達成するために、三巻で立っていたフラグを見事に回収しており…

「あぁ〜、これを逆転に使ったのか〜」と終始驚いていました。

何というか、前回は情報が多めであまり内容をわかっていなかったので… 笑

また、強者達との勝負も面白かったです。

というのも、三巻で学区外の強敵がどんどん登場していたのですが、メインの敵はヒロインのニセモノでした。

そのため、学区外の強敵達とはまだ戦わないのかな、と思っていたのですが…

まさかのヒロインのニセモノと、彼らが連合軍となって主人公達に立ちはだかります!

なんと絶対絶命な展開…

しかし、そんな窮地でも主人公の機転や、同じ学校の仲間達との読者も騙すような作戦で、見事に巻き返してしまいます。

なので、勝負も非常に熱くなれるものがありました。

ただ、一番盛り上がるっていたのは中盤で、終盤は結構和やかな感じでした。(理由はあるのですが…)

全体をまとめると、大逆転のための作戦に三巻のフラグ回収があり、非常にスッキリ出来た反面、勝負は今までと比べると普通な感じでした。

後、前回の記事で…

「黒幕が結構小物感あったので、本当はもっとデカめの黒幕がいるのでは?と睨んでいます」

と書いたのですが、100%合ってる訳ではないけれど、似た感じになりました。(ただの自慢)

後、もう一個…

特に記事内では各ゲームの詳細などは書いていませんが(そこは作品を読んでほしい)…

作中のゲームが面白そうだからしたいなと思いました(小並感)

はい…

次に読むのにかかった時間ですが、”二時間半”でした。

300ページ弱でした。

主人公が敗者復活(的な)するところがあるのですが、あそこをもうちょっと読みたかったなという印象でした。(オリジナルのゲームだったので)

ということで、今回は「ライアー・ライアー4 嘘つき転校生は天才中二少女に振り回されています。」を紹介しました。

四巻の最後では、(恐らく)主人公が学園に来た理由となった人物が登場しそうな描写もあったので、五巻も待ち遠しいですね。

ちなみに、五巻は夏らしいです 笑

気になった方は、ぜひ追って読んでみて下さい!!

それでは今回はここらへんで!!

探していた幼馴染からの挑戦状!「ライアー・ライアー5 嘘つき転校生は運命の幼馴染に試されています。」を紹介する!!みなさん、こんにちは!! 今回は2020年7月20日にMF文庫Jから発売された「ライアー・ライアー5 嘘つき転校生は運命の幼馴染に...
ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)