おすすめラノベ

「この素晴らしい世界に祝福を!」異世界転生/転移読むならまずはこれだ!

この素晴らしい世界に祝福を!」というラノベを皆さんご存知だろうか。

知らないという人もアニメで見たことあるよ~という人もいると思うが、やはりこのすば(この素晴らしい世界に祝福を!の略称)を全巻買っている私からしたら、ぜひ言いたい。

やっぱり、このすば読んで!!アニメの先も知ってほしい!!

それでは、なんで私がこんなにこのすばを勧めるのかを今回説明していきたいと思います。

このすばってどんな話??

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。
「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」
「じゃあ、あんたで」
ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?
(https://sneakerbunko.jp/series/konosuba より引用)

主人公は和真という引きこもりのゲームオタク。彼は女の子を事故から救う?ために自分が死んでしまいます。そして、これをきっかけにこのすばの舞台となる異世界に転生することから物語が始める…….

異世界転生といえば、何かしらチート能力がもらえる」というのがテンプレでよくある展開ですが、和真も例にもれずチート能力を選ぶことができました。

チート能力には<怪力><超魔力><聖剣アロンダイト><魔剣ムラマサ>など様々なものから選べる中、和真が選んだのは異世界転生の際に人々を導く女神アクア本人

アクアをチート能力として選択し、無事に転生を果たした和真だが思いもよらぬ誤算が!?

それは…….

なんとアクアは日常生活では役に立たなかった……ということである。

親方「おーし、ご苦労さーん。今日はこれであがっていいぞ!ほら、今日の日当だ。」

和真「どうもです。お疲れっしたー。」

アクア「したー!」

いきなり大冒険は始まらずまずは衣食住を整えるための土木工事から彼らの冒険(笑)は始まる。

思い描いた冒険と程遠い生活を変えるため和真たちが冒険者業を開始!

しかし、自身のチート能力がない和真と能力値だけは高いアクアは戦闘もうまくいかず、パーティメンバーの募集を始めるが…….

やはり、似た者には似た者が集まり、やっぱり思い描いた冒険者生活とは違う….

そんな和真たちが自分たちの強みや機転を生かして魔王軍や困難に挑んでいく作品となっています。

ここが面白い!!

決してチートではない異世界転生

やはり、異世界転生作品で多いパターンは主人公がチート能力を持って無双する展開です。

しかし、主人公の和真はチート能力を持たず、少し高めの運と機転を生かして、パーティメンバーと協力して戦いますが、雑魚敵にやられたりすることが多い(笑)

その中で他の作品ではないような、思わず笑ってしまう展開になったり、そんな倒し方あるのか!と思ってしまうような勝ち方をしたりします。

そして、雑魚的に負けたり、魔王軍の強い相手とはいい勝負をしたり、雑魚敵に負けたりを繰り返しながら、何でそんなスキル取ったの?と思ったらそのスキルが意外なとこで活躍したり…..

また、真剣なバトルシーンもある中、この作品はバトル中にも笑ってしまうポイントが多く、バトルシーンもギャグ要素も多く初見でもすごく楽しめる作品だと思います!

個性的なキャラクター

やはり、作品を楽しむ上では登場キャラが気になるとこが多いと思います。そして、この作品はやはり、登場キャラの癖がすごい(笑)

後に詳しく説明しますが、テンプレの逆をとった面白いキャラが多く、よくこんなキャラ思いつくな~と関心して読んでいました。

また、この作品は主人公たちと魔王軍は最初は対立的(笑)?な立場にあるのですが、相手の魔王軍にも魅力的なキャラが多いです。

作品によっては敵キャラはヘイトを集めるような言動をする場合もありますが、この作品は敵キャラも憎めないキャラが多く、逆に敵キャラの方が好きになるパターンもあります。

どのキャラも何か自分と近しい人間らしい一面があったり、作品特有の面白い言動をしたりします。

あなたも「あぁ、このキャラ押しになるわ~」と思うこと間違いないです!

バトルだけじゃない日常パート

このすばの面白いパートはバトルシーンだけではありません!

日常パートもギャグシーンが多く、様々に場面展開しフラグを回収していきます。

和真たちはクエストを成功することもあるのですが、パーティメンバーがやらかすことも多くあります。

つまり、魔王軍を倒してめっちゃ多く報酬もらっても、誰かがやらかしているから決してお金持ちではないのです…

和真は基本的にはスペックが高く、商売や人間関係の構築が上手です。そのため、行った商売がうまくいききお金がたくさん入るが…誰かがやらかすという王道だが笑ってしまう展開。

魔王軍を倒すための大魔法が街の家を倒壊させたり、街を救うためどこかに転移させたら領主の屋敷に転移させてしまい国家転覆罪の容疑がかけられたり…何でそんなに上手に失敗できるんだ!?(笑)

しかし、その失敗から始まる冒険や新たなる展開が読み手を引き付けて面白い!!

登場キャラ

それでは実際にどんなキャラがいるのか紹介していきたいと思います。

佐藤和真

和真画像

言わずと知れたこの作品の主人公。転生前は引きこもりのゲームオタクだった。

転生の際にアクアをチートして選択したが、逆にアクア含むパーティメンバーに振り回されることが多く、尻拭いをよくしている。

欲望には忠実だが最後には奥手になるため、和真以外全員美少女のハーレムパーティに所属しているが、関係性がうまく進展しない。

パーティメンバーの影響もあるが、基本的に頭の回転が早くチートではないがハイスペックであるため思わぬアイデアを出したり、和真がかっこいいバトルシーンもある。

やはりハーレムパーティということもあり美少女とフラグが立つような展開があり、憎いがどうしても憎めないキャラをしている。

アクア

アクア画像

和真を異世界転生させて、チート特典として選ばれてしまった女神様。

本来は崇められる立場であるため、節々の態度や言動に現れるアホの子。

冒険とは関係ない宴会芸などのスキルをあげているが、呑み会やギルドでは人気。また、女神ということもあり魔法の腕は一流であるため、冒険中は活躍することが多い。

しかし、日常生活面では足を引っ張ることが多いことから、和真からは「駄女神」と呼ばれている。

若干イラっとする態度や言動、失敗などが多いが、それらもどこか可愛らしく憎めなキャラ。

ヒロインの一人でもあるので、今後の和真との関係性にも期待したいキャラ。

めぐみん

めぐみん画像

和真たちのパーティーの魔法使いの1人。

名前はおかしいと思うが、めぐみんが住む紅魔族という村ではめぐみんのような”変な名前”しかいない。

紅魔族は魔法職のエキスパートが多い村であり、めぐみんはその中でも紅魔族1の天才と言われていた。

しかし、使える魔法が「爆裂魔法」という威力は高いが消費魔力も以上に多い魔法しか使えず、爆裂魔法はその消費魔力上1日1回しか打つことができない。そのため、今では当時が嘘のようである。

パーティーでは最後の切り札の位置にあるが、暴発したり使った後は魔力を使い果たすため完全お荷物になる。

ファン投票では1番になっている人気キャラであり、スピンオフ(外伝作品)も多く出ている。

ヒロインの1人であり、現在一番フラグが立っていると思われる。その部分でもファン人気が高いのかもしれない。確かにかわいい…..

ダクネス

ダクネス画像

和真たちのパーティーの女騎士で盾役の1人。

本名は「ダスティネス・フォード・ララティーナ」といい、貴族の1人である。物語途中では本名を和真たち含む街の人に馬鹿にされ始める。

女騎士という職であり、よくあるくっころ展開を想像する人もいると思うが、ダクネス自身がその展開を望むドM女騎士であり、かなり強烈なキャラをしている。

また、ドMという性質上ダクネスにとって盾役という職はある意味”天職”であり、敵に攻撃されて悦んでいる

防御力は盾役を極めるためにピカ1であるが、その反面剣を使った攻撃は敵になぜか当たらず、文字通り”盾役”である。

貴族という立ち位置はいろいろ面倒事もあり、それが引き起こす事件がたびたび起こるが、その事件を通じて和真との関係性の変化が見られる。

ヒロインの一人であり、ドMというキャラだが恋愛では少しその鳴りを潜めるため、普通にかわいい。

 

この4人が和真のパーティーメンバーですが、それ以外にも街の仲間や魔王軍の敵キャラにも魅力的なキャラはたくさんいます。

私自身はゆんゆんというめぐみんの自称ライバルキャラが好きです。皆さんもぜひ自分の好きなキャラを探してみてください!!

アニメの後の話ってどうなの??

まず、言いたいことはアニメの後の話ももちろんおもしろいので見てほしいというです。

アニメ後にも、新キャラが出たりするのですが、それ以外にも事件やパーティメンバーの事情を解決したりする中で和真との関係性が少しずつ変化していきます。

例えば、紅魔族の里に行ったり、ダクネスのお家事情を解決したり、王女様に会ったりなどなど….

私としてはダクネスが好きなので、特に7巻が大好きです。

ダクネス画像

また、和真が普通にかっこいいし強くなりますが、やはりギャグ要素も満載に詰まっているので、今までの感じが好きな人はもちろん新たな展開も入ってくるため万人が楽しめること間違いなしです!

また、このすばはスピンオフ(外伝作品)も豊富にあります。

スピンオフではメインストーリーではスポットが当てられていないキャラたちがメインとなっています。

なので、「あのキャラ目立たないんだけど好きなんだよな」というキャラもピックアップされることが多く、私自身ゆんゆんとバニルさんも好きな中、スピンオフが出たため、嬉しかったです。

私は書籍として持つことが好きなので買っていますが、スピンオフは公式ページから読むことができるので気になる方はまず読んでみるのもいいと思います。
https://sneakerbunko.jp/series/konosuba/(このすば公式ページ)

ということで、今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)