おすすめラノベ

一般人が空中洋裁に拉致された!?MF文庫J新作「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2019年6月25日にMF文庫Jから発売された「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」を紹介します!!

最初手にとった時に空中要塞?となったのですが、簡単に言えばラ○ュタの城です。

私自身は今までにない世界観という作品だったので、とても面白かったです。

ふと、著者の方の名前を見たことある気がして調べてみたところ、「人生」の著者さんでした。

私自身アニメでしか見たことがなかったのですが、あんなほんわかした作品なのでしょうか…

それではさっそく紹介していきます!!

どんな話??

短く言えばこんなあらすじ…

主人公の住む街の上空には空中要塞が浮かんでいる。
およそ9年前の突如として現れたその要塞は…
ただ浮かんでいるだけだった。
そんな要塞の存在を人々は飽き始め、むしろ要塞を邪魔だからどけろという反対勢力までいる状態。
ある日、主人公のもとに謎のロボットが現れ、主人公は拉致される。
そして、連れていかれた先は空中要塞!?
そこで、主人公は空中要塞のお姫様から婚約者になれと宣言される!!

詳しいあらすじ

埼玉県所沢市の上空約600メートルのあるのは全長900メートルの空中要塞!?

9年前に突如として現れたこの空中要塞は”こばと”と名付けられ、所沢市のシンボルであったが、最近問題が….

「うわー、大きいねえ、浮かんでるねえ」

「はいはい。じゃあパン屋さんに入るよ。」

「うわあああいー!」

人々は空中要塞に飽きていた…

そんな市民の状況を空中要塞から見ている人が…

「人がゴミのようだ」

声を発したのは空中要塞の第73代当主夢素香むすか

そして、傍に控えるメイド服姿の“島本あかね”。

彼女らはパン屋に向かった幼女と母親に一言申したあと、監視していたモニタを切り替える。

そこに映るのが、いたって平凡な少年“黒田洋平”である。

なぜ明から様に平凡な洋平にモニタを映したかというと、それは…

洋平を捕獲して、空中要塞に連れてくるため!!

夢素香はあかねに命じて洋平を捕獲の決断を下し、そして、洋平はあっさり現れたロボットに捕まってしまった。

そして、そのまま空中要塞に拉致?された洋平の目の間にいたのは…

2人の美少女、夢素香とあかね。そして…

「こちらにいらっしゃる姫様、夢素香様と結婚し、ゆくゆくは子をなして欲しいということです」

「喜びたまえ。この私の夫になれるなど、望外のことだろう。」

突然の事態だが、美少女からの提案に洋平は…

「わかった。その提案、喜んで受けよう…..。とは言い難いな」

「なぜだっ!この私だぞ!」

洋平はそこまで馬鹿ではなく、明らかにおかしな展開と提案に警戒心が募った結果であった。

そして、洋平に断られると思っていなかった夢素香はいじけてしまった。

そんな夢素香をあかねがあやめつつ、なぜ洋平に求婚したのかの説明が始まった。

曰く、こばと(空中要塞)の真の機能を使えるのは、選ばれし王だけ

曰く、先王が亡くなり、現在の王の血統は夢素香のみ

曰く、血筋を守るためには王の血統の男子が必要

そして、

「それが俺ってこと?…….王の血統?」

なんと洋平は王の血統であった。

なんでも、洋平のひいおじいさんが地上に降りて、そのことがずっと秘匿されたいたらしい。

一応筋が取っている内容に加えて、夢素香が美少女だったため悪くない気分になっていた洋平。

しかし、

“空中の民の王は地上に降りない”、”外出禁止”、”テレビは通じない”、”ネットも通じない”

そんな状況にインドア派のネト充の洋平は

「俺はネット環境のないところにはそもそも住めないんだ」

やはり、断ることにした。

そして、洋平はとりあえず今日は家に帰ることにした。

—次の日—

一晩考えた洋平は、可愛い婚約者の存在は諦めきれず、なおかつ地上での生活も諦めきれないということで悩んでいた。

そして、唯一の友達に相談し結論が…

「俺はヤツに地上の面白さを理解させる!地上はゴミのようではないということを。むしろ空中要塞の生活よりも楽しいことを。」

なんとも強欲な結論に至る。

今日のところは地上のお菓子アルフォートとまるごとバナナを買い、拉致られる。

空中要塞に行くと今日も夢素香とあかねがおり、洋平の両親からは許可が得られたという話を洋平にする。

そして、地上の生活はゴミだと批判してくるので、洋平がアルファートを2人に食べさせる。

すると,,,

「….ぐはっ、美味しいっ!人類の味覚が受け止められるレベルを超えてしまっている」

「….えっ、美味しいですっ!甘みが、脳を突き抜けます」

大絶賛であった。

そして、あろうことか美味しすぎるため、空中要塞の秩序が乱れかねないと話し始める。

悪い方に傾きそうな流れのため、洋平はすかさずまりごとバナナを食べさせる。

そして、

「舌がっ、舌がああああ。美味しいいいいい」

「うっ…..はぁああああっ」

完全勝利は間近である。

洋平は言葉巧みに夢素香たちにお菓子のことを話し、例外的に特別補佐官として地上での調査活動を認められた。

ということで、洋平は地上と空中要塞の2つの生活が可能となったわけだが、とある問題が…

それは空中要塞の立ち退きを求める反対派の存在。

さらに近々、脱空中要塞都市決議案が提出されるという噂が…

そんな噂に対し、洋平たちが動き出す!!

果たして彼らは反対派の説得ができるのか!?

洋平と夢素香の恋の行方とは!?

これは実は王の血筋であった平凡な少年が空中要塞の姫と出会い、姫様や空中要塞の民達のために戦うラブコメディである。

こんな人におすすめ!!

  1. 王道ラブコメディが読みたい!!
  2. 新しいジャンルの作品が読みたい!!

王道ラブコメディが読みたい!!

この作品のメインヒロイン1人という展開です。(サブヒロインになりそうな人はいますが)

血筋のためにとは言え、なんだかんだ主人公に惚れているメインヒロイン(夢素香)。

そんな夢素香に引っ張り回される主人公。

そんな2人の恋愛模様が見れる作品です。

特にメインヒロインのキャラがツンデレというのもお姫様のテンプレですが、それでいい!!

結局ラブコメ作品のお姫様はツンデレが1番いいなと感じる作品でした。

主人公はもともと夢素香を美少女と意識していましたが、だんだんと夢素香に惹かれていきます。

そんな2人がゆっくりと距離を詰めていくのもこの作品の見所の1つです。

新しいジャンルの作品が読みたい!!

空中要塞というと学園都市などが思いつき、どちらかというとファンタジー系の作品を思い浮かべます。

しかし、この作品はがっつり日本が舞台となっています。

そんな舞台は日本となっていますが、空中要塞の人々は基本地上には降りず、自給自足生活。

ネットも通じないため、遅れた文明という感じです(モニタはありましたが)

そんな現代人と地上を知らない人々の絡み合いはコメディ要素が高く、非常にほんわかした作品となっています。

最近の作品だと、かなり大きな事件などでハラハラ展開などもありますが、この作品はゆるーい日常系という感じです。

疲れた時に、さらーっと読みたくなる感じです。

そんな最近疲れてきたなという方にはオススメの作品です。

登場キャラ

黒田洋平

本作の主人公。

クラスでは友達が一人しかいないが、その生活が気に入っている。

ネト充のため、空中要塞の生活に同意がしきれていない。

夢素香と婚約関係にあたり、親の承認済みで将来安泰。

ひいおじいさんから空中要塞の王の血筋を受け継いでいる。

空中要塞の王の資質が高く、あかねから一目置かれている。

夢素香むすか

空中要塞の第73代当主でお姫様。(表紙右下)

The ツンデレお姫様という感じだが、序盤からデレていた。

空中要塞の掟を重んじているが、テレビは見たかったらしい(プリキュア)

空中要塞の民とも仲がよく、慕われている。

リアクションが大きく、面白い。

島本あかね

夢素香のメイドを務める空中要塞の民。(表紙左上)

夢素香よりデカイものを持っている(ナニがとは言わない)

幼少期より夢素香と過ごしいたため、姉妹のような間柄。

クール系ではなく、とても接しやすく優しいメイド。

洋平を認めており、王の資質にも驚いている。

キャライラストが気になる方は、こちらを見るといいと思います。

総評

今回は「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」を紹介しました。

読んだ感想としては、るい系ラブコメディで疲れているときに読みたくなる感じでした。

つまり、非常に良かった。

設定や内容が濃厚な作品が読みたいというよりは、ゆる〜くのんびりした作品が読みたい人向けな作品でした。

もちろんただのんびりではなく、事件もおきますが全く不安にならなかったです。

個人的にはハラハラしたいという作品ではないので、事件解決も良かったと思います。

また、ヒロインたちの反応がいちいち可愛いかったです。

どうせ青春ラブコメとかにありがちな、お嬢様ヒロインをハンバーガー屋に連れていく系なあれかなと思ったのですが…

夢素香たちは地上に降りないので、ハンバーガー屋いきませんでした。

個人的にお嬢様をハンバーガー屋に連れて行っただけで、主人公に惚れる意味が分からなかったので、その展開がなかったことがポイント高いです。

アルフォートに釣られてたと思うかもしれませんが、個人的にハンバーガー屋が嫌だっただけかもしれません 笑

次に読むのにかかった時間ですが、“2時間”でした。

空中要塞とあったため、武器とかの名前出てきて読みにくそうと思っていたのですが、そんなことは無く読みやすかったです。

最後にこの作品が売れそうかですが…

次巻以降も出ると思います。

爆発的に!!という訳ではないと思いますが、いい感じに続きそうな作品でした。

個人的に次巻以降も読みたいです。

ということで、今回は「キミ、どこ住み?え、俺は空中要塞住みだけど」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみてください!!

それでは今回はここら辺で!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)