現実世界

リア充と偽恋人に!?スニーカー文庫新作「とってもカワイイ私と付き合ってよ!」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2020年8月1日にスニーカー文庫から発売された「とってもカワイイ私と付き合ってよ!」を紹介します。

この作品は『第25回スニーカー大賞<特別賞>受賞作』です。

加えて、この作品の著者は史上初の『スニーカー大賞2作品同時受賞』をした方らしく…

そのもう一つの作品というのが、先月(7月1日)発売の「型破り傭兵の天空遺跡攻略」となっています。

スニーカー文庫新作「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介する!!みなさん、こんにちは!! 今回は2020年7月1日にスニーカー文庫から発売された「型破り傭兵の天空遺跡攻略」を紹介します。 ...

ファンタジーとラブコメでどちらも受賞なんて、素直にすごいな〜と小並感的感想をいだきました 笑

それではさっそく紹介していきましょう!

どんな話??

こんなあらすじ…

「不本意ですが、私と付き合ってください」
RPG好きのボッチな主人公にそう告げてきたのは、スクールカースト上位な美少女である”七峰結朱”。
主人公は「何の罰ゲームだ?」と思っていたが、話を聞いてみれば、
同じグループの女子とイケメン男子による三角関係に巻き込まれたらしい。
しかし、そんなリア充の面倒事に巻き込まれたくない主人公は一回は断ったが…
「これ、開けてみて」
「こ、これは…!『ロボバス弐R』…だと…!?」
主人公が買いたくともプレミア価格が付いており、買い渋っていたゲーム。
そんなゲームを対価として出されたからには…
「…不本意ですが、よろくしくお願いします」

こうして、始まった二人の偽の恋人関係。
しかし、完璧美少女としても知られていた彼女の本性はド級のナルシスト!?
そんな彼女と過ごす日々は煩わしくも、どこか居心地が良くなっていったーー
のだが、そんな矢先に三角関係の中心となっていた女子が、とうとうイケメン男子に告白をして…
彼女のグループを揺るがす事件に主人公も巻き込まれていく。

総評

今回は「とってもカワイイ私と付き合ってよ!」を紹介しました。

読んだ感想としては、『主人公とヒロインによる小気味良い会話』は面白かったですが、『作品全体の内容(あらすじ)』は物足りなさを感じました。

まず、良かった点の『主人公とヒロインによる小気味良い会話』ですが…

『主人公の冷静なツッコミ』『ヒロインのナルシスト系のボケ』がテンポも良く、新鮮味もありました。

というのも、テンポの話は置いといてーー

新鮮味に関しては、ナルシスト系ヒロインのボケが、今までありそうで無かったことが良かったです。

例えば、この作中で「こんな完璧美少女な私と付き合えて嬉しいでしょ?」的な会話があったのですが…

大方こういうセリフを言うのは、主人公への当たりが強いツンデレお嬢様キャラが多いです。

ただそういうキャラの多くは、得てして主人公をディスる傾向にあるので、一巻だけで読むには、デレまでに若干ヘイトが溜まります。(私だけでしょうか?)

しかし、この作品のヒロインは特にディスることはなく、単純に主人公をからかいつつ、ヒロイン自体の本心として言っているので、不快感が無く楽しめました。

(年上ヒロインや中身が大人なのヒロインも言いそうだが、主人公をからかうだけに言っているので、この作中のヒロインのようなキャラは珍しく感じた)

もちろん、主人公の意外な行動で赤面をする完璧美少女ヒロインでもあるので、その部分も可愛さがありました 笑

次に個人的に微妙だった点の『作品全体の内容(あらすじ)』ですが…

一巻でやるには短い内容であるのと、ラストの展開が「?」でした。

まず、一巻でやるには短い内容というのは…

『各キャラの初登場・説明』・『偽恋人契約』・『日常パート』・『三角関係の亀裂&解決』

を1巻ーーさらに270ページぐらいだったので、特に『三角関係の亀裂&解決』のラストでの盛り上がりに欠けました。

というのも、そもそも『各キャラの初登場・説明』が主人公とヒロイン以外で印象が薄く、「あれ?こいつ誰だっけ?」っていうキャラがいたのが、一点。

加えて、『三角関係の亀裂&解決』に関しても一瞬で終わってしまったので、「もう少しシリアス展開が無いと…」と、そこまで盛り上がり切れなかったことがありました。

なんというか、せっかく三角関係というシリアスに超なりそうなテーマを掲げたのに、勿体無い気がしました。

また、『三角関係の解決』方法に関しても、「なんだそれ?」という感じでした。

内容は特に言いませんが、普通じゃない方法でした。

しかし、それだけに私があまりよくわからなかったです 笑

まとめると、三角関係のシリアス展開の良さを感じず、ラストの盛り上がりに欠けるあらすじだなという感想でした。

『俺ガイル』を知っている人(知らない人は飛ばして)に、どんな感じか簡単に説明すると…

『戸部が海老名さんに告白する巻』+『各キャラの初登場・説明』を、さらに短いページ数でやろうとして、微妙になった感じ、です。
(ちなみに私が『俺ガイル』のこの巻が好きです 笑)

それだけに、穴が多く感じました。

次に読むのに掛かった時間ですが、”一時間半弱”でした。

物足りなかったです。

もう少し、キャラの心情とか諸々を読みたかったです。

最後にこの作品が売れそうかですが…

次巻が出るにしても、数巻(2〜3巻目)で完結しそうです。

一応、主人公とヒロインの契約は終わったので…

次巻に関しても、怪しい気がしています。

気になる人は買ってみてください!(私は買わないかな,,, ボソッ)

ということで、今回は「とってもカワイイ私と付き合ってよ!」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみてください。

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)