異世界ファンタジ

バブみの限界!!「異世界でロリに甘やかされるのは間違っているだろうか」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

突然ですが、みなさん毎日仕事やら学校やらで疲れていませんか??

もしそうであったら、今回紹介する「異世界でロリに甘やかされるのは間違っているだろうか」でバブみを感じましょう!!

この作品は第10回龍皇杯受賞作で2019年3日20日に発売されたということで、新作で期待できる作品ですね!!

それではさっそく紹介していきます。

どんな話??

癒しが欲しい―。
ブラック会社勤めで死んだ俺・今田赤哉は、そんなことを願いながら異世界に転生を果たした。目を開けると見慣れぬ森、モンスター、そして―美幼女?俺を拾ったロリエルフのマミィ(名前)は、名前の通り強すぎる母性の持ち主で、俺を我が子の如く甘やかし始め!?「キレイキレイしましょうね」「欲しいんでしょ?…おっぱい」と幼女に世話される社会的アウトな状況に戸惑いつつも、生きててくれるだけでいいの。それだけで、マミィは幸せ」マミィ…(泣)。彼女の母性愛で癒された俺は、前向きに異世界で英雄を目指す!第10回龍皇杯優勝の異世界バブコメ! (http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201903isekailoli/ から引用)

28歳彼女無しの”今田赤哉”は会社での残業や親からの結婚しろコールで精神的に疲れていた。

仕事帰り、電車に乗ろうととすると酔っ払った学生にぶつかり、駅の線路に投げ出され、彼は28年の生涯を終えてしまう。

気がつくと、彼は強烈な関西弁丸出しの女神シャイアンに会い、異世界に転生させてもらえることに…

目を覚ますと、目の前にはロリのお母さんが!…??

もう一度言う、起きると目の前にロリのお母さんがいた。

色々話を聞くと、この世界は魔王が悪さをしている世界で、ロリの女の子の名前は”マミィ”という”ナニー族”のエルフだと言う。

ナニー族って何?となったが、ナニー族の女の子は物心ついて初めて見る人間に我が子のような愛情を抱く”しゅうせい”があるらしい…

そして、彼女にとってはじめての人間が赤哉(赤ちゃん)なのである…最高かよ 笑笑

マミィは赤哉が服を着る時も、ご飯を食べる時も、トイレに行く時も、水浴びをする時も全部手伝ってくれ、本当に赤哉を赤ちゃんのように扱う生活…

赤哉は魔王を倒すことを目標に冒険をしようと決意するが、赤哉のことが心配なマミィも付いてくることに!?

冒険が始まり、赤哉はいい所を見せようとするがミスの連続。それでも赤哉を褒め続けてるくれるマミィにバブみを感じて止まない

そのまま旅をしていると、魔物に襲われている少女”ジェシー”を発見し助けようとするが、赤哉自身戦い方を知らないので逃げる一方…

その時、マミィがめっちゃ強いビーム(古代魔法)を打って魔物消滅…!!?

どうやらナニー族は自分の庇護下にある人間(赤哉)に危害がおよびそうになると、強力な魔法が無限に使えるらしい。そして、その力は母性に比例するらしい。

なんて言うチート!? 笑笑

魔物を倒し、ジェシーから感謝を告げられると彼女も魔王退治を手伝うといい、仲間に!

そして、始まる魔王退治の冒険…

新たな仲間が増えたり、時には盗賊をたおしたり、時には魔王の手下の悪事を暴いたりなど

彼らの笑いあり涙ありバブみありの冒険に目が離せない!!

ここが面白い!!見どころ!!

圧倒的バブみを感じる

この作品の公式の紹介にもあるように、この作品は“バブコメ”である。

マミィは母のようなバブみであるが、冒険中に出会う”アデラ”という女の子はお姉さんキャラでそれまたバブみを感じて止まない。

おそらく今後もバブみキャラは出てくる可能性は高そうであるし、そうでなくともマミィやアデラとのやり取りで、もう既に…

最高です!!

また、これは完全に個人の話であるが、ロリで母で巨乳でエルフというマミィはもう完璧じゃないですか!!??

作品が続けば、マミィたちのバブみ行動もどんどんエスカレートしていきそうですし、本当に目が離せません。

ちなみに、バブみキャラしかいないの?って思っている人もいるかもしれませんが、途中で仲間になるジェシーは、彼らのエスカレートした行動のツッコミ役であり、ツンデレです。

バブみだけではなく、いろいろなキャラの女の子が出てくることも、見どころの1つですね。

主人公の成長

主人公の赤哉は、前世でも異世界でも失敗が多く仲間に助けられてばかり…

その度にマミィ達に甘やかされるわけですが…

はじめの頃、主人公は異世界きたから何となく魔王退治という感覚でした。

同時に女の子たちにいいとこを見せようという気持ちだったのかもしれません。

しかし、冒険を続け、自身の失敗で仲間に助けられるうちに自分の本当にしたいことを見つけていきます。

主人公自身は異世界転生にありがちなチート能力がなく、とても平凡です。

そんな主人公が仲間や世界の人のために、魔王退治を頑張る姿…

見逃せませんね

イラストがめっちゃいい

これは個人の主観が入ることなのですが…

イラストがめっちゃ好みです。

女の子キャラにもいろいろタイプがありますが、それぞれのキャラがとても魅力的で素晴らしいです。

後に登場キャラにも画像を載せますが、イラストいいなと思う人もきっとたくさんいると思います。

やはり、ラノベの第1巻となると、ぱっと見の印象が大事だと思います。

私自身、この小説はタイトルと表紙イラストを見て買うことを決めたので押しですね。

登場キャラ

キャラの写真は文でのキャラ紹介後に載せています。

今田赤哉

本作の主人公で前世と異世界でミスが多いちょっと抜けた主人公。

マミィに最初に発見された人間のため、赤ちゃん扱いされている。

異世界転生の際に元の28歳の容姿は16歳ほどになっておりチートは無し。

はじめは魔王退治をしてヒーローになりたいと思っていたが、冒険を続けていくうちに本当に自分のやりたいことを見つけていく。

前世でいいことがなかった分、マミィからの行動に照れてはいるが、嫌がっておらず甘えまくっている。

そして、ジェシーに怒られるというループを過ごしている。

マミィ

ナニー族のエルフでロリ。

赤哉は初めて見た人間なので、赤哉を”赤ちゃん”と呼び甘えさせているまさに”母の愛”といった感じ。

愛が強いほど強くなるため、ただのチートキャラとなっている。

赤哉だけでなく、他の人を甘えさせようとすることもあり、敵キャラにも同様である。

そのため、ちょっと抜けているところはあるが、それはそれでかわいい。

ジェシー

冒険の途中で仲間になった神官見習の少女(回復役)。

マミィたちとは違い、赤哉を甘えさせるキャラではない。

赤哉に魔物に襲われているところを助けてもらったこともあり、惚れているが、ツンデレキャラのため素直になれない。

ツッコミキャラであり、赤哉がマミィたちに甘えているときは容赦なく突っ込む。そのやり取りも面白い要素の1つである。

アデラ

冒険の途中で仲間になった踊り子の少女(盗賊役)。

赤哉が離れたところに住んでいる弟と似ていたため、姉のように赤哉を甘えさせてくる。

仲間になってすぐなので、まだあまり解明されていないが、2巻以降でもっと活躍しそう。

ただ、お姉さんキャラいいっす!最高っす!

シャイアン

赤哉を異世界に転生させてくれた女神様。

ぶっきらぼうな感じで強烈な関西弁を使っている。

現状あまり登場が少ないが、今後活躍が期待されるキャラ。

キャラ画像

http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201903isekailoli/(異世界でロリに甘やかされるのは間違っているだろうか公式ページ)

総評

実はこういうバビみみたいな作品やロリがメインヒロインとなる作品をあまり読んできた記憶がなかったのでとても新鮮でした。

実際に、この作品を読んだのですが、大体”2時間半“ほどで読めたので、かなり読みやすい作品だと思います。

異世界の作品では凝った設定や用語がある場合もありますが、とくにそういう設定がなかったのが個人的には良かったです。

そういう設定などが好きな人もいると思いますが、いろんな作品をたくさん読む場合は設定を忘れてしまったり、読みにくいことが多いので…

内容自体も面白く、魔王退治という大きな目標もあるので、今後もストーリーとして続きやすいと思いました。

また、主人公成長という部分もあるため、主人公覚醒などそのうちあるのではないでしょうか?

というわけで、総評しますと…

この作品はズバリ”売れる“と思います。

同時に、続いた場合アニメ化の可能性も高いと思います。

もちろん、アニメ化に関してはそのときのトレンドにもよる気はしますが、この書籍の発売頻度や漫画化がされれば、十分考えられると思いました。

というわけで、紹介と自身の感想を書いたわけですが、気になる方はぜひ「異世界でロリに甘やかされるのは間違っているだろうか」読んでみてください。。

それではまた次回の書籍紹介も見てくだい!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)