現実世界

英雄たちが女の子で排出!?LINE文庫エッジ新作「人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい」を紹介する!!

みなさん、こんにちは!!

今回は2019年12月5日にLINE文庫エッジから発売された「人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい」を紹介します。

まず、始めに思ったことがあります。

「あれ?先月も武将系の出なかったっけ?」

と思って確認した所…

先月の場合は異世界転生だったので細かくは違いますが、武将が性転換している作品が出てました。

気まずいパーティーで天下統一!? LINE文庫エッジ新作「女賢者の明智光秀だが、女勇者の信長がパーティーにいてきまずい」を紹介!!みなさん、こんにちは!! 今回は2019年10月5日にLINE文庫エッジから発売された「女賢者の明智光秀だが、女勇者の信長がパーテ...

偶然なのか…

それはさておき、サラッと流しましたがこの作品もなんと性転換した武将たち(英雄)が出てきます。

そして何を隠そう、私は無類の性転換好きです 笑

読む前から楽しみでしか無いですね 笑

ただ、女の子だけの世界で主人公が男というのは…

何でも無いです 笑

それではさっそく紹介していきます!!

どんな話??

短く言えばこんなあらすじ…

未知の科学力によって、絶滅の縁に立たされた人類。
残された人類は2人と絶望的な状況。
そんな彼らの最後の切り札というのが…
「運だ!ガチャだ」
それは「ぼくのかんがえたさいきょうのえいゆう」を召喚できる方法。
彼らの最後の切り札に想いを載せ、ガチャを回す主人公。だが…
「100連中100回、全てハズレではないか!」
爆死する主人公。
しかし、残されたもう一人の少女が奇跡を起こす。
「虹色だと?この光こそレア確定演出!」
人類の反撃が今始まる。

詳しいあらすじ

未知の科学力によって、絶滅の縁に立たされた人類。

敵は地球外から現れ、圧倒的な力で人類を駆逐・占領した。

あれから10年、現在残された人類は残り2人となった。

一人は”不動大和”、知能は頭が悪い、ネジが何本か外れている男。

二人目は大八洲撫子おおやしまなでしこ、頭脳明晰・器量良しな、まさに大和撫子。

そんな彼らは今、人類を救うために動き出そうとしていた!

「起動するぞ、撫子!」

「う、うん。お願い…」

それは人類の命運を掛けたシステム。

人類が敵に対抗す第一歩であり…

「はわっ!あなたが”はわわ”のご主人様っ!」

システムを管理するスーパーAIはロリ妹系貧乳ドジっ子”はわわ”である。

無事起動は成功したので、さっそく”はわわ”に人類が反撃する方法を聞き出すが…

「分かりませんっ!」

どうやら現在の自分たちの状況を考えると、抵抗はおろか瞬殺されるらしい。

しかし、はわわの返答に大和は堂々としており…

「人類の絶望的な状況を覆すために必要なのはデータでもなく、戦力でもなければ資源でもなく資金でもない。それがなにか分かるかはわわ!」

「分かりませんっ!」

「運だ!」

そして、運について語りだし、最後には”はわわ”に運に依存した最高のシステムが既に組み込まれているという。

それが…

「ガチャだ」

「はっ?」

ーーーーーーーーーーーーーーー

ガチャシステムーーそれは撫子が提唱したシステムであり、人類の全ての記録と記憶がされた『アカシャ書庫』から英雄のデータを取得し、人工的に生成した素体にインストールするもの。

(簡単に言うと、英雄の情報を取ってきて、人の元にその情報を入れることで英雄を作り出す的な感じ)

そして、このシステムは人類が英雄に対し思うイメージを引き出すことが出来る。

すなわち、羽扇からビームを放つ諸葛孔明や自立型戦闘ロボの本多忠勝といったような、「ぼくのかんがえたさいきょうのえいゆう」を呼び出すことが可能なのだが…

『アカシャ書庫』には英雄以外にも花、剣、銃、愛…といった様々な情報があるため、英雄の情報を引き出すのは、まさに運次第!というわけである。

「理解したところで早速ガチャらせてもらおう」

ガチャを引きたいだけかは謎だが、いきなり”はわわ”に迫る大和。

「『石』を全てぶち込んでガチャることこそ俺の生きる意味!そして人類に残された最後の手段!」(ちなみに石は敵からドロップする貴重なもの。課金は出来ない 笑)

そして、合計100連分の石を”はわわ”に突っ込む大和。

「始めよう。私達の戦いを」

「ああ…!俺の運に任せておけ!」

その結果…!?

「ええい、なんだこのグロ結果はっ!100連中100回、全てハズレではないか!運営ナメてんのか『石』を返しやがれぇぇ!」

大爆死であった。

しかし、ガチャ好きな大和の欲は収まらず…

「そういえば撫子の研究用にと、別枠で『石』を保管していただろう。あれを使うぞ」

凝りもせずに『石』を要求。

それに対し最初は断り続ける撫子だったが、大和のズルい良い口に載せられて最終的には…

「大和の提案を受けましょう。…今回は私がガチャを回すわ。いいわね」

了承し、撫子が早速5回分のガチャを回すと…

「虹色だと?この光こそレア確定演出!」

そして…

「【☆5】戦国武将が顕現しました。【☆5】三国武将が顕現しました。【☆4】狙撃兵が顕現しました。【☆4】革命家が顕現しました。【☆2】特殊型ホムンクルスが顕現しました」

「性は関。名は羽。字は雲長。ご主人さまの呼びかけにより、参上仕りました!」

「我が名は織田三郎信長。主の求めに応じてに顕現してやったぞ!喜ぶが良い!」

関羽と信長を引き当てるという超大当たり!

ただ、『アカシャ書庫』の記録に引っ張られ、全員女の子という状態だが…(日本だと武将を女体化したゲームが多いので、そのイメージに引っ張られた)

「これならば千や二千は(討つのは)軽いですね!」

「(敵の最高戦力を)我が一撃にて仕留めてみせようぞ」

その力はまさしく【☆5】にふさわしい力だった!

関羽と信長を筆頭に力を付け、戦いに勝利→ガチャで戦力補強を図る大和達。

その力の増大を敵が感じ取り、さらに戦いは激しさを増す!!

果たして、大和達は敵に勝つことが出来るのか!?

そもそもの敵の目的とは!?

どんな可愛い英雄たちが当たるのか!?

「十年分の貸し、今こそ返してもらうぞ!」

大和達の戦いが今始まる!!

総評

今回は「人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい」を紹介しました。

読んだ感想としては、内容的には面白かったのですが、キャラが多くて読みづらかったです。

まず内容に関しては、正直タイトルからではそこまで期待感は薄かったのですが、読み応えもあって面白かったです。

ただ、戦闘シーンに関してはハラハラするというよりは、強すぎるのでネタとして見たほうが良いかと思います。

正直チートすぎて、なぜこいつらに人類は負けたんだと感じました 笑

また、途中まではチート続きで盛り上がりに欠けることは多かったです。

しかし、ラストの戦いでの各キャラのカッコいい戦闘シーンは、なかなか熱くなれましたし、厨ニ心をくすぐられる感じがしました。

また、コメディ的な要素に注目すると、この作品はかなり面白かったです。

普通にコメディとして読んだら、かなり奇抜なキャラが多くて掛け合いが面白かったです。

ただ内容全体を考えると、確かに面白かったのですが、ものすごく燃える展開があったかというとそうでは無い感じです。

一人ぐらいが敵に殺ら…ぐらいのインパクトある展開があっても、良かったのかなという感じでした。

戦闘シーンゴリゴリで、最後の最後に大逆転する!!みたいな作品を期待している方は、少し違うかなと感じるかもしれません。

逆に、たまには違ったジャンルを!という方は楽しめそうだなと思いました。

次に読むのにかかった時間ですが、”三時間”でした。

ページ数が384ページもあり、読み応えがありました。

ただ、前述しましたが、キャラが多くて読みづらかった印象です。

特にガチャを回して、新キャラが!という感じなので、ラストには主要キャラが11人になってしまい…

口調とキャラが一致しない人が出てきました。

また、これはネタバレを防止するための出版社側の楽しませ方ですが…

作品見開きのキャラ紹介で、各キャラのイラストは書かれているのですが、その名前は隠されています。(若干見えるには見えるんですが…)

そのため後々、「あれこのキャラってどんなイラストだっけ?」となって読み返すときに…

名前が隠されていて、かなり困りました。

なので、キャラが多い割に、誰が誰だか判別するのが意外と面倒くさく、読みづらいと感じていました。

頑張って自分の『アカシャ書庫』に記憶しておきましょう 笑

次にこの作品が売れそうかがですが…

現状は難しい気がしています。

次巻は出るかも知れませんが、ニ・三・四巻で完結しそう…

現状敵の正体は分かったのですが、規模がデカすぎるので、さすがに無理じゃないか?と思っています。

なので、今後次第ということではありますが、変な感じで終わると悲しいですね。

はい。

ということで、今回は「人類の未来は英雄ガチャで決まるらしい」を紹介しました。

気になった方はぜひ読んでみて下さい!

それでは今回はここらへんで!!

ABOUT ME
okamizeno
とある地方国立大学所属の学生。小中高のお小遣いのすべてをラノベに費やし、お金が無くなった。大学進学後、お金がないため「小説家になろう」を読み漁る日々を過ごした。その経験を活かし、ラノベなどの評価や紹介をする本サイトを立ち上げた。twitterで宣伝もしているので、良かったら下のtwitterアイコンのボタンからフォローお願いします。(現在フォロワー少なくてめっちゃ寂しいです)